文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

知りたい!

ニュース・解説

岡村孝子さんが診断を受けた急性白血病とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
岡村孝子さんが診断を受けた急性白血病とは

 シンガー・ソングライターの岡村孝子さん(57)が「急性白血病」と診断されたことを、所属事務所が22日、明らかにした。白血病はどのような病気だろうか。

がん化した白血病細胞が増えていく

 血液中には、酸素を全身に運ぶ赤血球、病原体と闘う白血球、出血を止める血小板など様々な細胞が流れている。これらの細胞は、元となる幹細胞が骨の中で増殖、変化して生まれる。だが、生まれる過程のどこかで異常が起き、がん化した細胞(白血病細胞)が無限に増えるのが白血病だ。発病の詳しい原因は分かっていない。

 厚生労働省が2019年1月に公表した全国調査では、16年に白血病と診断された人は延べ1万3789人だった。

「急性」は週単位~月単位で進行

 白血病は、週単位~月単位で速く進行する「急性」と、年単位でゆっくり進行する「慢性」とに区分けされる。岡村さんが今回、診断を受けたのは急性だ。また、異常が起きる細胞の種類によっても「骨髄性」と「リンパ性」とに分けられる。

 急性の白血病では、息切れ、だるさ、関節の痛み、発熱などの症状が出る。増えた白血病細胞が、正常な血液細胞ができるのを妨げたり、他の臓器を傷つけたりするほか、白血球の減少によって体に感染が起きるためだ。一方、慢性の白血病の場合、初期ではほとんど症状がないが、進行するとだるさや寝汗などが表れる。

抗がん剤の使用が主流

 いずれも治療法は、抗がん剤の使用が主流となっている。

 急性では、数か月間の入院で、点滴の治療によって白血病細胞を顕微鏡で見ても分からない水準まで減らすことで治癒を目指す。白血病の種類によっては、その後も数年間、通院による治療を続けることもある。

 再発した場合や抗がん剤が十分に効かない場合などは、血液細胞のもとになる幹細胞の移植が検討される。幹細胞は骨髄の中や、赤ちゃんのへその緒と胎盤に含まれるさい帯血などから採ったものを使用する。

 慢性では、服薬を長期間続ける治療となるケースが多く、治療しながら日常生活に戻ることも可能だ。慢性の骨髄性白血病は、かつて移植以外に治療が難しかったが、2000年代に新薬「グリベック」(一般名・イマチニブ)が登場し、服用を続けることで白血病細胞が検査で見つからない状態を維持できるようになった。

池江選手も白血病で闘病

 競泳女子の池江璃花子選手(18)も19年2月に白血病と診断されたことを公表し、闘病生活を送っている。

*この記事は、本年2月13日に公開した「池江璃花子選手が診断を受けた白血病」を一部加筆・修正しました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

知りたい!の一覧を見る

最新記事