文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

心療内科医・梅谷薫の「病んでるオトナの読む薬」

コラム

うつの46歳母が「もう、料理を作りませんっ!」…でも、非料理宣言のシナリオを描いたのは…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 「私はもう、料理を作りませんっ!」

 M江さんは、きっぱりとした口調で、そう宣言した。

 だが、食卓を囲む家族の反応は鈍い。夫は「ふーん」と興味なさそうにつぶやいて、スマホのニュースを見ながら食事を続けた。高校3年の長女は黙って食べている。高校1年の長男だけが、「え~っ?」と反応した。

 「お母さん、本気? じゃ、誰が食事作るの?」

 「あなたたちには、食事代を毎日渡します。帰りにコンビニで朝ご飯を買って冷蔵庫に入れる。昼は学校の食堂。夕食も帰りに買ってくるのよ。栄養のバランスはお母さんがみているから」

 彼女は子どもたちに、そう説明した。

うつに苦しむ46歳母が「もう、料理を作りませんっ!」…でも、非料理宣言のシナリオを描いたのは…

育児に家事にパート…

 M江さんは46歳。診断は「うつ病」。現在は、安静と薬で少し体調が戻っている状態だ。15年前に発病した頃は本当に大変だった…と、彼女はその当時のことを思い出す。

 夫は残業残業の毎日で、連日のように帰りが遅い。小さな子どもたちを保育園に送り届けて、M江さんはパートの仕事に出かけた。人手の足りない職場でクタクタになって、帰りに子どもたちを迎えに行き、スーパーで買い物。子どもたちの相手をしながら、夕食を作り、子どもたちに食べさせながら掃除と洗濯。夫の帰りを待ちきれなくて、寝落ちすることも多かった。

 ある朝、体がだるいことに気がついた。気分がどんよりして、頭が痛い。「風邪かなぁ?」と思いながら、朝食を作って、子どもたちを送っていく気力がないことに気づいた。

 保育園と職場に電話して、お休みをとった。風邪薬を飲んでじっとしていたが、ずっと体調が戻らない。一番困ったのは、食事を作れなくなったことだった。

母の厳しいしつけで完璧主義に

 M江さんのお母さんはしつけに厳しい人だった。小さい頃から、勉強も料理も、人一倍努力させられた。結婚後も、家計を助けるためにパートの仕事を毎日こなし、子どもが生まれた後も、育児や家事に全力をつくした。完璧主義の彼女にとっては、それも当然のことだったのだ。

 しかし、体調を崩したあとは、すべてができなくなった。

 朝は全身がだるくて起きるのもやっと。午前中はずっと寝込んでいて、午後に買い物に行く。でも、何を買っていいかがわからない。イメージもわかない。食事がおいしくないと、食材を買うのがこんなにも苦痛なのだということを、彼女は初めて知った。

 家に帰ってもだるくて動けない。買ってきた食材を積み上げ、横になって眺めながら、「誰がこれを作るんだろう?」と自問する日々が続いた。

抑うつ感、気力低下、不眠、不安…

 私の外来を受診したときは、かなりひどい状態だった。うつ病の自己評価尺度は54点(正常は0-16点)。抑うつ感、気力低下、全身 倦怠(けんたい) 感、不眠、不安……典型的な「うつ病」の症状がそろっていた。

 うつ病の薬を処方し、十分な睡眠と安静が必要なことを説明した。相談して決めた生活リズムを守っているうちに、彼女の病状は少しずつ改善していった。

 久しぶりに子どもたちの食事を作れたとき、M江さんは、思わず涙を流した。ふがいない自分を、毎日、責め続けていたのだ。これでようやく「元の自分」に戻れる。そう思った。

 しかしこの病気は、そう甘いものではなかった。

 気圧が低いと、朝から気力がわかない。再開した仕事も休みがちになってくる。育ち盛りの子どもたちの食事さえも作れない。それが、彼女にとって一番こたえることだった。

 「夫は、まぁ仕方がない」とM江さんは思った。夫は、たまに家で食べても、感謝するわけでもない。夫の好物を買うのさえ、何だか面倒になってきた。それを責められると、母からの叱責がよみがえってくる。だんだん夫を嫌いになっていく自分が悲しかった。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

20181127-yomusuri-prof200

梅谷 薫(うめたに・かおる)
 内科・心療内科医
 1954年生まれ。東京大学医学部卒。90年から同大学で精神科・心療内科研修。都内の病院の診療部長、院長などを経て、現在は都内のクリニックに勤務。「やまいになる言葉~『原因不明病時代』を生き抜く」(講談社)、「小説で読む生老病死」(医学書院)など著書多数。テレビ出演も多い。

心療内科医・梅谷薫の「病んでるオトナの読む薬」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事