文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

目の難病に他人iPS「安全性を初確認」…理研

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
目の難病に他人iPS「安全性を初確認」…理研

iPS細胞から作った網膜細胞を移植する臨床研究について発表する理化学研究所の高橋政代プロジェクトリーダー(東京・丸の内の東京国際フォーラムで)

 目の難病患者に対し、他人のiPS細胞(人工多能性幹細胞)から網膜の細胞を作って移植する臨床研究を進める理化学研究所の高橋政代・プロジェクトリーダーは18日、患者5人への移植から1年を経ても目立った拒絶反応や副作用は確認されなかったと発表した。他人のiPS細胞を用いた移植で、1年にわたって安全性が示されたのは初めて。

 発表によると、5人中1人に軽い拒絶反応がみられたが、抗炎症薬の注射で治まった。治療しないと視力が徐々に低下する恐れがあったが、移植した細胞は1年後も残り、全員の視力が維持されているという。

 他人のiPS細胞は京都大が備蓄しており、患者本人から移植ごとにiPS細胞を作るよりコストと時間が大幅に削減できる。このため、パーキンソン病(京大)や心臓病(大阪大)、脊髄損傷(慶応大)などの治療計画も進んでいる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事