文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

いわて健康塾 心筋梗塞「危険信号」知って 盛岡で来月12日 岩手医大教授・伊藤さん講演

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 専門医が病気の予防や治療法について紹介する「いわて健康塾」が、5月12日午後2時から盛岡市大通のアートホテル盛岡(旧ホテル東日本盛岡)で開かれる。今回のテーマは、働き盛りの中高年を襲う心筋 梗塞こうそく 。主催する岩手読売会は、参加者を受け付けている。

いわて健康塾 盛岡で来月12日

岩手医大教授の伊藤さん

 岩手医大教授(医学教育学講座・地域医療学分野、内科学講座・循環器内科分野)の伊藤智範さん(53)が「その痛み、心筋梗塞の危険信号かも!~いのちを救う予防と治療、専門家が教えます」と題し、講演する。

 心筋梗塞は心臓の周りの太い血管が詰まり、発作が起こる。伊藤さんは、腕や脚の付け根から細長い管を入れ、心臓の血管を広げるカテーテル治療に長年にわたって取り組んでいる。

 心筋梗塞は、患者の4割が病院に到着する前に命を落とす重い病気で、起こる前には胸や腕、肩、あごなどに痛みを感じる場合があることがわかっている。

 伊藤さんは「予防策を講じることが第一」と説く。健康塾では、こうした「危険信号」に気づく大切さや、予防となる生活改善などをわかりやすく解説する。

 入場無料。事前申し込みが必要。はがきに住所、氏名、電話番号、参加希望人数を明記し、「〒020・0015 盛岡市本町通2の3の2読売ビル3階 岩手読売会」へ送る。電話(019・623・2215)や、ファクス(019・625・7198)でも受け付けている。

【主催】岩手県医師会、岩手読売会、テレビ岩手、読売新聞盛岡支局
【後援】岩手県、盛岡市、エフエム岩手

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事