文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

本庶、山中両氏「先端医学が拓く未来」を語る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
本庶、山中両氏「先端医学が拓く未来」を語る

山中氏(右)と本庶氏が登壇したパネル討論(京都市左京区で)=土屋功撮影

 京都大のノーベル賞受賞者2人が登壇した8日のノーベル賞受賞者を囲むフォーラム。京都市の会場に集まった中高生ら900人を含む約1800人は、がんの免疫療法や再生医学の分野で世界をリードする受賞者らの話に聴き入った。

 がん免疫治療薬「オプジーボ」の開発につながる分子を1992年に発見した 本庶佑ほんじょたすく ・京都大特別教授(77)は「分子は偶然の発見だった。21世紀にがんは克服できる可能性があり、不治の病ではなくなると思う」と話した。

 山中伸弥・京大iPS細胞研究所長(56)は「これから日本が世界で尊敬される存在であり続けるには、科学の力が絶対に必要。皆さんにもそれを担ってほしい」と呼びかけた。

 大阪府立北野高2年、長野夏歩さん(16)(大阪府高槻市)は「『熱中できることを見つけて』という本庶先生の言葉に勇気づけられた。将来は、子供の難病の原因や治療法を見つける研究をしてみたい」と話した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事