文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

知りたい!

ニュース・解説

医療現場でAI活用…効率化 患者負担も軽減

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
医療現場でAI活用…効率化 患者負担も軽減

 膨大なデータを分析して答えを導き出す人工知能(AI)。大腸の内視鏡画像から早期がんなどをAIで判定するシステムが、医療機器として国の承認を受け、3月に発売された。医療現場でもAIの活用が始まっている。(原隆也)

  正答率は98%

 大腸にできた病変には、早期がんや、がんになる恐れのある悪性ポリープと、切除の必要がない良性のポリープがある。内視鏡で映し出した病変の形状などから、医師が悪性か良性かを判断し、必要と判断すれば電気メスなどで切除する。

 熟練の医師ならば9割以上の正確さで見分けられるが、経験が浅い医師だと7割程度。システム開発にあたった昭和大横浜市北部病院消化器センター長の工藤 進英しんえい さんは「良性のポリープまで無駄に切除している可能性がある」と話す。

 AIに読み込ませた内視鏡画像は、実績のある専門医が診断した約6万枚。内視鏡が病変に接触すると、悪性か良性かを瞬時に判定する。「正答率」は98%に達し、熟練医師と肩を並べる。

 工藤さんは「判定から治療までの時間が短縮され、患者も医師も負担が軽くなる」と期待をかける。他の研究グループも、採取した組織の画像から胃がんを判定するシステムの実用化研究などを進めている。

  問診時間短縮

 タブレット型端末で症状に関する質問に選択肢から答えを選んでいくだけで、症状が文章となって電子カルテに記載される。東京都江戸川区の 目々沢めめざわ 医院は、AIを活用した問診支援システムを取り入れている。

 慢性頭痛の患者が対象。痛みのある部分や感じ方、頭痛が起きる時などを尋ねる。場所であれば「頭全体」「頭の片側」、感じ方は「ズキズキする」「重くしめつけられる」、タイミングだと「お酒を飲んだ時」「激しい運動後」などだ。

 AIには内科の病気を中心に約5万件の論文を学ばせた。患者の回答内容と照らし合わせ、医療用語で症状をカルテに反映させる。院長の目々沢肇さんは「症状を聞き取ってパソコンに入力する手間が省け、10分以上かかった問診が4分程度になった」と話す。

 患者からも「待ち時間に入力でき、診察時に同じ説明をしないで済む」などと好評だ。システムは都内の新興企業が2017年に開発し、全国70の医療機関で導入されている。

  外国人患者も安心

 「今日はどうされましたか?(How can I help you today?)」

 「I have a headache.(頭痛がします)」

 外国人患者と日本人医療者との会話が、タブレット型端末で自動翻訳され、音声で流れる。中国語、韓国語にも対応。電話で本物の通訳を呼び出すこともできる。この翻訳システムは今年度前半に発売予定だ。

 増え続ける訪日外国人に加え、外国人労働者の受け入れ拡大も始まった。厚生労働省の調査で、外国人患者の受け入れで8割以上の医療機関が、言語や意思疎通に不安があると答えた。

 国立情報学研究所医療ビッグデータ研究センター長の佐藤真一さんは「医療現場でAIの活用が広がれば、医師の負担は軽くなり、患者と向き合う時間を充実させられる」と指摘する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

知りたい!の一覧を見る

最新記事