文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

伊藤清世の「あれ?コレ 介護食 plus」

健康・ダイエット

卵とカボチャの蒸しケーキ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 こんにちは、在宅訪問管理栄養士の伊藤清世です。

 女性にとってデザートは別腹というように、食欲が低下した方の中にも、甘いデザート類なら口にすることができる方がいます。

 市販のデザートには、かむ、のみ込む力が低下しても食べやすいものとして、プリンやババロア、ゼラチンを使ったゼリーや、アイスクリームなどがあります。逆に、ぱさつくパイやスポンジ、口の中で貼り付くモナカやべたつく餅菓子などは食べにくいものです。

 今回ご紹介するレシピは、蒸し器で作る、しっとりとしたケーキです。

 作り方も簡単で、すべての材料を、フードプロセッサーに入れてなめらかにするだけで、簡単に生地が出来上がります。簡単ですが、卵や生クリームなど、たんぱく質や脂質もきちんと取れるケーキです。

 蒸し器の代わりに電子レンジでもできます。電子レンジは、加熱する食材中の水分を利用して温めるため、食材自体の水分が失われてしまい、やや硬く仕上がります。電子レンジ調理の際には、低めのワット数で温める、ラップをしっかりする、表面に霧吹きで水をかけるなどの方法をプラスすることで軟らかく仕上がります。

 食欲のないときには、3度の食事にこだわらず、おやつで栄養補給をしてもいいのではないでしょうか。

[作り方]

(1) カボチャはラップに包み、電子レンジ(500W)で1分半程度、加熱して軟らかくする。

(2) (A)をフードプロセッサーにかけてなめらかにする。

(3) クッキングシートを敷いたケーキ型や耐熱容器に入れ、蒸気の上がった蒸し器で約10分加熱する。この時、蒸し器の蓋を布巾で包むことで、蒸気がケーキに落ちるのを防ぐことができる。

(4) 冷まして切り分け、ココアパウダー、ホイップクリームやチョコスプレッドなどを飾る。

 ※かむ力、のみ込む力には個人差があります。食べる機能を確認しましょう。

 (レシピ作成 在宅訪問管理栄養士 伊藤清世)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

itou-140-200

伊藤清世(いとう きよ)

在宅訪問管理栄養士・介護食アドバイザー
委託給食会社で病院・高齢者施設・保育所等の調理業務、総合病院の管理栄養士を経て、現在は仙台市の「ないとうクリニック複合サービスセンター」で在宅訪問管理栄養士として活動中。また、地域での講演活動を通じ、かむ、のみ込む力が低下した方にも喜ばれる、食べやすくおいしい食事作りを提案している。

伊藤清世の「あれ?コレ 介護食 plus」の一覧を見る

最新記事