文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

「教えて!ドクター」の健康子育て塾

医療・健康・介護のコラム

4月から入園&職場復帰したが、発熱で連日呼び出し…集団生活の「通過儀礼」に親子で備えるには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

「予防接種」と「かかりつけ医」を

 そんな保育施設の通過儀礼への対策として、2点お勧めしたいと思います。

 まずは、早めに予防接種を済ませること。1歳になると、ヒブ・肺炎球菌・4種混合・麻疹風疹混合・水痘など、様々な予防接種をすることになります。任意接種ですが、おたふく風邪もぜひ接種しておくことをお勧めします。仕事復帰すると、つい予防接種のスケジュールを忘れがちになるものです。日本小児科学会が勧める予防接種スケジュールを目安とするのもいいでしょう。実際に接種する際には、かかりつけの医療機関とご相談ください。

 次に、あらかじめかかりつけ医を決めておくことです。かかりつけ医があれば、急な病気などでもすぐに相談することができます。小児科だけでなく、耳鼻科や皮膚科、歯科なども探しておけば安心です。もっとも、子どもの病気について、どの科を受診すればいいか迷った場合は、小児科にご相談いただいても大丈夫です。

「親が迎えに行けないとき」の方法を用意

 保護者の側の備えも必要です。お迎えに行くのはお母さん、という決まりはもちろんありません。「保育園の通過儀礼」は子育ての一大事ですので、お父さんも協力していただければと思います。

 お父さんの育休をいつ取るのか、という話にもつながりますが、お母さんの職場復帰に合わせて取得するのも一つの方法かもしれません。ただし、自治体によっては、お父さんが育休を取ると保育園を退園になってしまうところもあるので注意が必要です。子育てしやすい環境をつくるためにも、こうした制度も少しずつ変わっていくといいなと願っています。

 親がどうしてもお迎えに行けないこともあります。そんな時のために、代わりをお願いできるルートを、あらかじめ用意しておくことをお勧めします。夫婦で対応できないときに頼むのは、「もちろん祖父母でしょ!」という声が聞こえてきそうですが、ちょっと立ち止まってみましょう。

 今は祖父母世代も仕事を続けていることが多く、世代間で子育ての価値観が違うこともあります。そこで考えておきたいのが、自治体が設けている「ファミリーサポート制度」や「病児保育」への登録です。個人的には、子どもが熱を出したときには「お互いさま」の精神で、職場を早退したり休んだりしたりしやすい雰囲気があれば一番いいなと思っていますが、頼れる選択肢をできるだけ増やしておくことで安心できます。

朝、熱が下がっていても…

 一般的に、熱は午後から夜にかけて高くなり、治っていなくても朝は低くなる傾向があります。したがって、前の夜に熱が出ている場合は、朝、熱が下がっていても、午後から再び高くなる可能性が結構あります。登園の判断としては、「前日の夜に熱があったときは休む」と決めておいた方が、結局、連日呼び出しのストレスも軽減でき、お子さんが早く治ることにもつながります。

何もしないで15分、ハグの時間

 環境が変わることで、お子さんが不安になっているようなら、こんな方法はいかがでしょうか。私が以前、知人から聞いたアイデアなのですが、「帰宅後15分は、何もしないで子どもをハグしてお話をする」と決め、タイムスケジュールに入れておくのです。あらかじめスケジュールにあるので、「夕食が」「お風呂が」と気持ちが焦ることもありませんし、必ず家族との時間があるのでお子さんも安心します。

 職場復帰で大変な保護者の皆さんを、少しでも応援できればと思っています。(坂本昌彦 小児科医)

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

20190204-msakamoto-prof200

坂本昌彦(さかもと・まさひこ)

 佐久総合病院佐久医療センター・小児科医長
 2004年名古屋大学医学部卒。愛知県や福島県で勤務した後、12年、タイ・マヒドン大学で熱帯医学研修。13年、ネパールの病院で小児科医として勤務。14年より現職。専門は小児救急、国際保健(渡航医学)。日本小児科学会、日本小児救急医学会、日本国際保健医療学会、日本国際小児保健学会に所属。日本小児科学会では小児救急委員、健やか親子21委員。小児科学会専門医、熱帯医学ディプロマ。現在は、保護者の啓発と救急外来の負担軽減を目的とした「教えて!ドクター」プロジェクトの責任者を務めている(同プロジェクトは18年度、キッズデザイン協議会会長賞、グッドデザイン賞を受賞)。

「教えて!ドクター」の健康子育て塾の一覧を見る

<PR情報>

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事