文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

子どもの健康を考える「子なび」

コラム

食物アレルギー(6)鶏卵の耐性 成長で得やすく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

  このシリーズでは、国立病院機構相模原病院臨床研究センター副臨床研究センター長の海老沢元宏さん(58)に聞きます。(聞き手・矢沢寛茂)

 

食物アレルギー(6)鶏卵の耐性 成長で得やすく

 鶏卵(卵)のアレルギーは、乳児期から幼少期に最も多く発症する即時型の食物アレルギーです。1歳未満の6割、1歳の4割を占めます。その一方、成長するにつれて耐性を得やすく、6歳頃までに7割が食べられるようになります。

 ある男児は生後7か月の時、血液検査で卵アレルギーの反応を示したため、食事から卵を除去しました。その後、カステラを誤って食べ、じんましんになったのをきっかけに、2歳4か月に「経口負荷試験」を受け、どの程度なら摂取可能かを調べることにしました。

 たんぱく質の多くは、加熱や加工をすることで性質が変化し、反応が出にくくなることがあります。一方で、反応が出やすいたんぱく質は卵白に多く含まれ、熱に強いものもあります。男児も、卵黄を生で取り出し、つなぎに使った試験には反応しませんでしたが、2歳10か月の時、加熱した全卵8分の1個を食べると、皮膚が赤く大きく腫れてしまいました。

 それからは、卵黄をつなぎに使ったハンバーグや揚げ物、卵を含む菓子やパン、練り物などを1~2日おきに食べるようにした結果、3歳半の頃には血液検査の反応は低くなり、かつて症状が出た8分の1個も問題なく食べられるようになりました。今後、2分の1個で試験をする予定で、小学校入学前までに1個分を食べられるようになるのが目標です。

 こうした工夫をしながら卵の摂取を続ければ、生活の質も改善し、耐性を得ることが期待できます。ただ、除去する期間が長くなった場合は、味やにおい、見た目に敏感になることがあります。なるべく早くから負荷試験を受け、食べられるものを取ることが重要です。

【略歴】

海老沢元宏(えびさわ・もとひろ)
 小児科医、アレルギー専門医。東京慈恵医大卒。最新情報を発信する「食物アレルギー研究会」の世話人代表。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

konabi_logo_200

子どもの健康を考える「子なび」
子どもの健康について考えるコーナーです。各テーマの専門家にアドバイスしてもらいます。

子どもの健康を考える「子なび」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事