文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ピック病(認知症)介護『父と私の事件簿』

介護・シニア

「病院に行って」と言う娘に激怒し、父は殴り掛かってきた 教育者で穏やかな人だったのに…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

画像検査で確認 側頭部への血流が少なく

 この小銭の独り占め事件の後も、そういう情けない気持ちになる出来事が数々起こった。混み合う役所の窓口で、「こんなに待たせて俺を誰だと思ってるんだ」とどなる。お葬式や親せきとの食事中でも、帰りたくなれば、引き留める人を振り切って帰ってしまう。ごみを捨てられない性格がよりひどくなり、私が捨てたごみまで拾って自室に隠す。捨てようとすると引っ張り合いの大騒ぎになる。

 特に、以前、実験教室で部品などを使っていたせいか、壊れた電化製品を捨てるのを極度に嫌がるのには困った。目につかないよう隠しても、「あれを捨てることは認めない」と夜に家捜しを始めるので、ごみ収集日まで私の神経が持たず、早朝に壊れた掃除機を抱え、タクシーでごみ集積センターに行ったこともある。あの時払った3000円のタクシー代はいろんな意味で痛かった。

 これらのことで認知症を確信し、ずいぶん前から病院で検査を受けることを勧めていたが、冒頭のように難航。車の運転も続けていたため、私は生きた心地がせず、焦って「一度、気絶させて、救急車を呼べば……」とまで思いつめたこともある。さまざまな手を尽くし、17年の夏にようやく病院で検査を受けさせることに成功。神経内科でMRI(磁気共鳴画像)と長谷川式の検査を受け、認知症と診断され、しばらくはアルツハイマー向けの対処をしていたが、その後、父の行動の特徴から医師に脳の血流検査を勧められた。微量の放射線を出す物質を血管に入れ、血流を画像で確認する検査を受けると、見事に側頭部への血流が少なく、ピック病の診断を受けることになったのである。

病気とわかって安堵 しかし治療法はなく

id=20190325-027-OYTEI50008,rev=2,headline=false,link=true,float=left,lineFeed=true

 ピック病と言われてみると、思い当たることは多かった。ごみ屋敷を作るという症状、異様に甘いものを食べるのもそう。父は部屋の中に何十袋もあめの袋を隠し、ひまさえあれば口にいれている。

 そして時計的行動。決まった時間にいつもの行動をしないと気持ちがおさまらない。お客さんがいても、ずかずか部屋に入り、まだ明るいにもかかわらず雨戸をしめる。ちょっとした遅れが待てず、イライラし始める。こうした行動も納得できた。

 思いやりがなくなったり、自分勝手になったり、無礼で嫌な性格になっていったのも病気のせいだったのか。ピック病の宣告は衝撃だが、どこか救われた気持ちになった。

 だが、ピック病はまだ解明されていないことが多く、治療法も改善薬も特にない。対策として、うちの場合は、担当医師と相談した上で、サプリメントとイライラを抑える漢方薬を服用している。さらにイライラなどの症状が進んだ場合は、抑制する薬が処方されることもあるようだ。

 あとは激怒させないよう、気に障ることを言わないことくらいしかない。しかし、病気とわかっていても腹が立つことは多く、父の側も、私が言うことは気に障るようで、怒らせないでいるのは正直難しい。そうした中で、ようやく車の運転をやめ、徒歩での買い物に移行してくれたのは良かった。一日に何度も、いろんなスーパーに出かけるのが気になるが、これも症状の一つとあきらめることにした。

 もう一つ良かったのは、介護保険を使い、筋トレを行う半日のデイサービスを「スポーツジムだよ」と偽り、行ってもらうのに成功したことだ。薬の副作用で、一時的に尿失禁がひどくなった時は、通所する朝に「下着も着替えて」と言うと、「そんなことまで口出しするな」と、殴り掛かられたこともあったけれど……。

 本人は「スポーツジム通い」を結構気に入ったようで、それに加え、週2回、各1時間、夕食の準備と掃除をしてくれるヘルパーさんが来る。そのおかげで、生活のリズムができ、私も何とか普通に近い暮らしができていた。そんな、やや油断していた時に、想像もつかない事件が起きたのである。(つづく)(田中亜紀子 ライター)

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

20190329_atanaka-prof_200

田中亜紀子(たなか・あきこ)
 1963年神奈川県鎌倉市生まれ。日本女子大学文学部国文学科卒業後、OLを経て、ライター。女性のライフスタイルや、仕事について取材・執筆。女性誌・総合誌などでは、芸能人・文化人のロングインタビューなども手がける。著書に「満足できない女たち アラフォーは何を求めているのか」(PHP新書)、「39.9歳お気楽シングル終焉記」(WAVE出版)。

ピック病(認知症)介護『父と私の事件簿』の一覧を見る

2件 のコメント

コメントを書く

本来の姿が出る

認知症介護経験有り

先日、亡くなった祖母は認知症でした。 だけど、認知症の検査にも素直に行き、医者から渡された薬も素直に飲んでいました。デイケアでもたくさんの友人を...

先日、亡くなった祖母は認知症でした。
だけど、認知症の検査にも素直に行き、医者から渡された薬も素直に飲んでいました。デイケアでもたくさんの友人を作っていました。おかげで認知症の進行はゆっくりで、90才で大往生でした。

数年前に義母が認知症であることが分かりました。
義母は自分が認知症であることを認めず、病院にも行こうともせず、なんとか病院に連れて行って、認知症であることが明確になっても、自分は認知症ではないと言い続け、薬もしっかり飲もうとはしません。デイケアも嫌がります。

祖母と義母の差は何かと考えました。
認知症になると、その人の人間性がダイレクトに表面に現れてくるのではないかと思うのです。
そう考えないと、祖母と義母でこれほどの差が出てくるとは考えられません。

今まで穏やかだった人が認知症が進むに連れて凶暴になるとすれば、
その人が変化したのではなく、そもそも凶暴な人だったと考えるのが自然です。

つづきを読む

違反報告

画像に写らない人の心をどう考えるか?

寺田次郎 放射線科サッカー部スペイン代表

「自分勝手になる」「穏やかだった人が怒りっぽくなる」「急に泣いたり怒ったりする」 そう考えている人はどなたでしょうか? いつもと違う気がする、そ...

「自分勝手になる」「穏やかだった人が怒りっぽくなる」「急に泣いたり怒ったりする」
そう考えている人はどなたでしょうか?

いつもと違う気がする、そういう私の理解にとって都合のいい人格や行動パターンを他人に知らず知らずに押し付けていませんか?

ピック病という診断ですが、いくつか主観と客観の交錯している部分があります。
祖母の小銭を独占しようとしたのは、お金そのものではなく、愛情の表現型かもしれません。
壊れたものは、モノとしては役立ちませんが、そこには思い出があります。
過度に進めばコレクター癖となりますが、そこまで他人に迷惑でしょうか?
自分の感覚を他人に押し付ける傲慢さが誰しもあります。
(幼児が自分の気に入ったものをお礼に差し出したがるのと同じです。)

高齢者の場合、単一の疾患のみならず、脳血管性認知症の症状(怒りやすい)が重なることは想定すべきです。
血流や神経機能が低下すれば、あらゆる機能低下は想定の範囲内で、何処から先を病的とするかに人間の尊厳が関わります。
父親の老いの全てを否定しにかかれば、父親にとって、娘は敵になりえます。
その事がわからなければ、お互い不幸になるでしょう。

「俺を誰だと思っているんだ?」
想い出の品ごと処理されそうな己の存在が不安なのでしょう。

決まった時間に決まったことをするのも、自分の中での規律を保つため行為かもしれません。
解明されてない症状を悪と決めつけることなく、そういう高齢者(患者さんと健常者のミックス)の生活と折り合いを考える方が正しいと思います。
決まった時間に学校に来ない子供は叱責の対象でしょう?

日本の外交においても緩衝地帯があります。
直接触れると激発する領土問題。
一方で、そういう区域があって、双方の固有の文化が尊重されます。
同じように、健常者と高齢者の距離感や線引きもうまくいくのではないでしょうか?

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事