文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

知りたい!

ニュース・解説

がん粒子線治療に保険…「前立腺」「頭頸部」にも適用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
がん粒子線治療に保険…「前立腺」「頭頸部」にも適用

 がん細胞を効果的にたたくとして期待される粒子線治療。受けられる医療機関は限られ、治療費も高額だが、小児がんや前立腺がんにも公的医療保険が使えるようになり、治療の選択肢として位置づけられつつある。(野村昌玄)

  ピンポイント攻撃

 放射線治療は、がん細胞のDNAを傷つけ、死滅させる。外科手術や薬物療法と並び、がん治療の柱の一つだ。手術の負担に耐えられない高齢者や、切除が難しい部位にがんができた人に適している。手術後の再発・転移を防ぐ目的でも行われる。

 がん治療に使われる放射線は、主に光子線と粒子線に分かれる。光子線は電磁波の一種で、おなじみのエックス線もその一つだ。一方、粒子線には陽子線や重粒子線がある。陽子や炭素イオンなどの粒子を加速させ、体の中にあるがんに届くようにする。

 エックス線は体の表面付近の放射線量が最も強い。次第に弱くなるが、がん細胞も突き抜けてしまう。がんが体の奥深くにあると、正常な臓器への影響も大きい。細胞ががん化したり、成長障害が起きたりする。

 これに対し、粒子線はエネルギーのピークを1点に絞り込める。がんにピンポイントで当て、周辺の臓器へのダメージも最小限に抑えられる。治療の影響を長期にわたって受ける子どもや若年層の利点は大きい。

 ただ、陽子線や重粒子線を作り出すには大規模な施設が必要だ。多額の建設費や維持費がネックとなり、国内では陽子線17施設、重粒子線6施設に限られる。治療も自費と保険診療との併用を認めた先進医療の枠内で進められてきた。

 初めて公的医療保険が使えるようになったのは2016年4月。小児がんへの陽子線治療と、切除が難しい骨軟部腫瘍への重粒子線治療が対象だった。昨年4月には転移のない前立腺がん、咽頭・喉頭などを除く 頭頸とうけい 部がんへの陽子線、重粒子線治療にも保険が適用されるようになった。

  高齢でも安心

 埼玉県に住む男性(77)は11年、前立腺がんと診断された。手術や従来の放射線治療では排尿障害などが起こりやすいと知り、悩んでいた。12年1月に国立がん研究センター東病院(千葉県柏市)を受診。治療後の影響が少ない陽子線治療を受けることにした。

 男性は同年2月初めから約1か月半の間、週3回のペースで計21回通院した。1回あたり20~30分。治療室の寝台に横たわり、360度回転する機器で陽子線を照射する。

 陽子線治療と並行して、前立腺がんの進行に影響する男性ホルモンを抑えるための治療も1年半続けた。男性は「あれから7年たったが、再発もなく元気に過ごせている」と話す。

 同病院放射線治療科長の秋元哲夫さんは「70代後半は手術や抗がん剤治療が難しくなる。高齢でも安心して受けられる粒子線治療のニーズは高い」と語る。

 ただ、男性が陽子線治療を受けた当時は先進医療だったため、約290万円の費用は自己負担だった。現在も多くのがんで粒子線治療は公的医療保険がきかない。患者の自己負担を減らそうと複数の医療機関が、保険適用を目指して、肝臓がんや 膵臓すいぞう がんなどで治験を進めている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

知りたい!の一覧を見る

最新記事