文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

iPSで網膜治療、理研チームが申請へ…サルで成果、臨床目指す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 iPS細胞(人工多能性幹細胞)を使い、目の難病「網膜色素変性症」の患者を治療する臨床研究について、理化学研究所の高橋政代プロジェクトリーダーは23日、今夏までに、大阪大の有識者委員会に審査を申請する方針を明らかにした。

 高橋さんらは、別の目の難病「 加齢黄斑変性かれいおうはんへんせい 」の患者にも同様の治療を施しており、チームとして、iPS細胞を用いた2例目の臨床研究となる。

 計画では、光に反応して神経に情報を伝える「視細胞」のもとになる細胞を人のiPS細胞から作製。視細胞が減った網膜色素変性症患者数人に移植を行う。

 高橋さんはこの日、神戸市内で行った講演で、人のiPS細胞から作った細胞が、サルの目の中で成熟して視細胞になり、視野の一部が回復したとの実験結果を報告。2年たっても視細胞が残っていたという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事