文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

在宅訪問管理栄養士しおじゅんのゆるっと楽しむ健康食生活

コラム

近所の薬局は「町の健康相談室」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

妊娠期から高齢期、そして終末期まで

 薬剤師も管理栄養士も、お母さんのおなかの中にいるときから、人生の最終段階まで、ライフステージごとの専門的アドバイスができる職種です。身近に薬剤師と管理栄養士がいれば、病院に行くほどでもない軽い体調不良なら薬剤師に、食事と栄養に関する悩みがあれば、管理栄養士に気軽に相談できるのではないでしょうか。

 最近は、管理栄養士がいて、店頭で栄養相談ができる大手のドラッグストアや調剤薬局が増えてきました。ドラッグストアの店頭には、レトルトの離乳食や介護食の品ぞろえが豊富にあります。これらの食品やサプリメントについては、管理栄養士が相談に応じることができます。相談者の食生活を分析して、「あなたは鉄とビタミンCが不足気味ですので、このサプリメントで補充してみてください」と言われたら、とても説得力がありますね。

 実は、数か月前に長女が転んで膝小僧をすりむいてしまい、数日様子をみても治らず化膿かのうしてきてしまいました。手持ちの軟膏なんこうが3種類あったので、写真を撮って佐々木さんに相談してみました。「この中で、化膿した傷に塗っていい軟膏はある?」と。そうしたら、「全部だめ! 薬局で抗生剤入りの軟膏が売っているから、それを塗って」と返事がありました。

 私のように、自己判断で手持ちの薬で子どもの皮膚トラブルをさらにこじらせてしまう親御さんは結構いらっしゃるのではないかと思います。「とりあえず市販薬でなんとかしたい……」と考えたのなら、なおさら手持ちの薬で適当にすませず、近所の薬局で相談してみてはいかがでしょうか。  

 最近では、在宅療養が必要な患者さんには、薬剤師が自宅まで薬を届けてくれます。仮にがんなどの治療中に、痛みや吐き気がつらいときには、医師と連携してその時に必要な薬物治療のサポートを行ってくれる薬剤師さんもいます。頼りになる「かかりつけ薬剤師さん」が近所にいたら、一生ものの財産ですね。(塩野崎淳子 在宅訪問管理栄養士)

 

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

塩野崎顔2_100

塩野崎淳子(しおのざき・じゅんこ)

 「訪問栄養サポートセンター仙台(むらた日帰り外科手術WOCクリニック内)」在宅訪問管理栄養士

 1978年、大阪府生まれ。2001年、女子栄養大学栄養学部卒。栄養士・管理栄養士・介護支援専門員。長期療養型病院勤務を経て、2010年、訪問看護ステーションの介護支援専門員(ケアマネジャー)として在宅療養者の支援を行う。現在は在宅訪問管理栄養士として活動。

在宅訪問管理栄養士しおじゅんのゆるっと楽しむ健康食生活の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事