文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

6件 のコメント

コメントを書く

結局は自分が一番正しいと思う人つて

よこざべす

他人から「子供の話をして子煩悩」とか「常に子供のこと話してる」と言われて真に受けてるタイプ。そしてなんでも自分が正しいという姿勢は変わらない。今は様子を伺ってるだけ。奥さんも今だけと思ってるのか、本当に元に戻ろうとしてるのか真意はわからないけどね。

違反報告

子供に手を挙げて子煩悩?

たむたむ

妻子が出て行った原因は3歳の娘にまで手をあげたことでしょ?
子煩悩とかよく言うな…
自分で自分が全く分かってない
今は何とか抑えてても、慣れてきたらまたやると思う

違反報告

親として必要とされてるなら良いけど

オサム

この場合親として必要とされてたから良いけど中には児童虐待もセットの父親もあるからな
面会交流とかで縛られて子どもが殺される場合もある
DVする奴って治らないし、再婚して上手く行ってるケースだと
配偶者がパワーが強いだけという事もある
新たな被害を出さないためには国で加害者に更生させるプログラムに家族申告付きで一生参加義務つけて養育費とか出さない場合は国が加害者に貸し付ける形で子どもに仮払いさせるとか
した方が抑止にもなると思う。
見守りする事が必要

違反報告

ふむふむ

ふむふむ

正直に言って、結婚している事の必要性がわからない。一度離婚、子無し、して再婚、現在の妻とは十年ほど。ただし、少し前に彼女が大学院に戻るので別居を開始したのですが、なんとも言えない自由を満喫。確かに誰も居ない家に帰宅するのが寂しかったけれど、たったの数ヶ月で慣れた。そして考えるのが、経済的に彼女を支援しても私は何も得ていない。食事も洗濯も掃除も何もかも彼女は必要ない。結婚している事の意味がわからない。

違反報告

全ては娘のため

タコ

反省して頑張っている事は伝わって来た
だが、妻側も旦那を互いに大人として認識し、この人とは続けられない
十分にそう判断した上での結論なのだと思う

他人がとやかく言う話でもないので最終的には当人同士だが、人は自身も含め中々に傲慢で欲深いもので

失った時にはその大切さに確かに気付き、本心から心を痛める温かさを持つ一方
再度手に入れてしまえば、時間と共にそれが当たり前になり、より別の物が欲しくなる

全てを許し元に戻れば、またいずれ我慢出来なくなった旦那に同じ暴力を受けるだろうと思うし、それを踏まえての、今の距離感での手綱と言う駆け引きを妻側は選んだのだろう

娘に罪はないし、娘が成人するまでの間

両親と言う存在が必要だから、父である事を求め許されている
と言うだけで、既に取り返しが付かない域にいる上での妻側からの温情だと認識し、終生今の状態にいられること自体が有難い事なのだと、自重されるのが良いと思う

違反報告

信用したら痛い目に会う

丸いお盆

このまま通い婚で通すこと。
一緒に住んだら、これまで我慢していた
鬱憤を晴らすだろう。
DVをする人間は一生治らない。
自意識過剰の被害妄想なんだ。
信用したら痛い目に会う。
信用してはいけない。絶対に。

違反報告

記事へ戻る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。