文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

心療内科医・梅谷薫の「病んでるオトナの読む薬」

医療・健康・介護のコラム

帰宅したら妻と娘がいない…「やり手部長」の裏でDV、ギャンブル 43歳男性を変えた妻からの「四つの条件」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

「条件」に従えないなら離婚調停

 K夫さんは、結局その診断書を使わなかった。その代わり、妻の両親に会い、土下座して謝った。このまま「DV夫」と認定されたら接近禁止になる。夫としてのプライドなんかより、娘と会えなくなることの方が、彼にとっては、ずっとつらいことだったのだ。

 義父母と妻は、最終的に折れてくれた。3歳の娘にとって、父親は必要だと考えたのだ。ただし、前歴があるので、厳しい「条件」がつけられた。それに従えないようなら、離婚調停が始まる。K夫さんは、やむなくその条件をのむことにした。

  1. 彼だけが近くのアパートに引っ越すこと。奥さんと娘さんは元のマンションに戻り、必要なときだけ、夫が立ち寄るのを許可する。
  2. 奥さんと会話をするときは次のことを守る。
    • 身体的な暴力をふるえば、即、離婚。
    • 暴力的な言葉や脅しは一切ひかえる。
    • 自分の理屈で相手の発言を封じない。
    • 過去のことを持ち出して相手を責めない。
    • 感情に支配されそうなときは会話をやめる。
  3. 今後一切、ギャンブルはやらない。
  4. 仕事上どうしても必要な場合を除いて、早く帰宅し、奥さんの手伝いをできるよう待機する。

 K夫さんにとっては、かなり過酷な条件のようだった。しかし、彼は悩みながらも、それを受け入れたのである。

妻の手料理に涙があふれ…

 それから半年。K夫さんが久しぶりに外来を訪れた。

 「あれから何とか『通い婚』を続けています。最初はきつかったけれど、だいぶ慣れました。一人でいると、時々ひどく寂しくなるんです。でも、娘と過ごす貴重な時間を思えば耐えられる。むしろ、妻との会話が難しいんですよね」

 そう話し出したK夫さん。さらに続ける。

 「時々『それは間違っている』と理論で正してやりたくなる。でも、理屈で押さえ込もうとしても、ダメだとわかりました。聞いてほしいという気持ちに、素直に耳をすます。それが大事だということに、ようやく気がついたんです。時々は怒りで我を忘れそうになることもありますが、そんな時は『休戦』して、いったん外に出ます。外の空気を吸って、気分転換するだけで、気持ちが落ち着くことがよくわかりました」

 「ずいぶん頑張りましたよね。実は、ここまで続けられる男性は意外に少ないんですよ」

 「そうですか。私は子煩悩なもんですから……。そうそう、先日、妻の提案でリビングの壁紙を張り替えました。これがけっこうな重労働。大きな壁紙を2人で支えながら張っていくんですが、お互いの呼吸が合わないと、結構むずかしいんです。1日がかりで張り終えてヘトヘトになり、義父母や娘と一緒に、妻の手料理を食べました。とても幸せな気持ちになって、思わず涙があふれた。『あぁ、こんな生活を本当は望んでいたんだ』と思えました……」

 共同作業は、2人の仲をとりもつ作用がある。義父母が長年の夫婦生活で身につけた「生活の知恵」だとのことだった。

 「『通い婚』がいつか終わるとよいですね」という私の言葉に、K夫さんは大きくうなずきながら、外来を後にした。(梅谷薫 心療内科医)

 *本文中の事例は、プライバシーに配慮して改変しています。

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

20181127-yomusuri-prof200

梅谷 薫(うめたに・かおる)

 内科・心療内科医
 1954年生まれ。東京大学医学部卒。90年から同大学で精神科・心療内科研修。都内の病院の診療部長、院長などを経て、現在は都内のクリニックに勤務。「やまいになる言葉~『原因不明病時代』を生き抜く」(講談社)、「小説で読む生老病死」(医学書院)など著書多数。テレビ出演も多い。

心療内科医・梅谷薫の「病んでるオトナの読む薬」の一覧を見る

12件 のコメント

コメントを書く

夫の話かと思いました

アフターDV鬱

加害更生プログラム、日本ではまだ少ないけれど、DVという行動に出ないため、そして被害者保護のための学びのプログラムがあります。 DVによる別居は...

加害更生プログラム、日本ではまだ少ないけれど、DVという行動に出ないため、そして被害者保護のための学びのプログラムがあります。
DVによる別居は学びのチャンスです。厳しい条件と言うけれど、それほどでもないと感じました。DV夫は賢くサイコパスのように嘘をつくので、一時的に抑えられても何かのきっかけでDV行動にでるために条件の解釈をねじ曲げたり特例を作ります。
妻側は配偶者暴力センターなどと繋がり、DVの記録と証拠をつけていらっしゃるかしら。
怒りは我慢するのではなく根本から見直して絶やす。自分の価値観を見直す必要があります。DVと児童虐待にはサイクルがあり、ハネムーン期は本当に改心更生したのかと思うけれど、また蓄積期爆発期と繰り返すうちどんどん内容がひどくなり、妻は洗脳支配されて逃げることが難しくなります。研究ではDV家庭では平均7回別居と同居を繰り返すのだそうです。日本の男尊女卑な思想や教育的暴力を肯定してきた社会はDV夫をつくりやすい。もちろんDVをする女性もいますが。
どんな行為はDVで、どんな行動言動が対等なパートナー間で適切なのか、小学校ごろから学ぶ機会が必要だと思います。

つづきを読む

違反報告

信じてはいけない

のんのん

別居後も『時々怒りで我を忘れそうになる』 自分をわかってないこの男性の、押さえつけている怒りはいつかまた爆発する。第二子が出来ないよう、いつでも...

別居後も『時々怒りで我を忘れそうになる』
自分をわかってないこの男性の、押さえつけている怒りはいつかまた爆発する。第二子が出来ないよう、いつでも逃げられるよう、反撃できるよう備えを忘れないで欲しい。奥様も考えが足りない

つづきを読む

違反報告

人にはもう一度だけチャンスを与えるべき

ゆき

いくら常識的に考えてどうしようもない夫だったとしても、奥さんも小さい子供を抱えて経済的に見ても教育的に見ても、離婚は避けたかったという訳でしょう...

いくら常識的に考えてどうしようもない夫だったとしても、奥さんも小さい子供を抱えて経済的に見ても教育的に見ても、離婚は避けたかったという訳でしょう。一度ひどい間違いを犯したのに、これだけ頑張って持ち直せる夫はそうそうはいませんから、報われてしかるべきだと思います。またすぐに逆戻りをしておじゃんな人がほとんどなのに。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事