文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

脳卒中「即応病院」認定へ…学会が新年度から

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 脳卒中の治療が常時可能な病院を認定する制度を日本脳卒中学会が新年度からスタートさせる。治療が早いほど救命や後遺症の軽減が期待できるため、認定制度によって治療の水準を引き上げる狙いがある。

 脳卒中は国内で年間10万人以上が死亡する死因第3位の病気。このうち6~7割を占めるのが、脳の血管に血の塊(血栓)が詰まる脳 梗塞こうそく だ。後遺症で介護が必要となる大きな原因でもある。

 脳梗塞の治療は、血栓を4時間半以内に薬で溶かす「血栓溶解療法」が基本。これを24時間、365日実施できる病院を「1次脳卒中センター」と位置づけ、常勤の専門医数や脳卒中治療チームがあることなどを認定の要件とした。

 さらに高度な治療法として、カテーテルという管を使って血栓を取り除く「血栓回収療法」がある。この治療が常時可能な病院を「血栓回収脳卒中センター」、外科治療を含む脳卒中全般に対応できる病院を「包括的脳卒中センター」として認定していく方針だ。

 一方で、専門医の不足などから高度な治療が難しい地域もある。大学病院などに脳の画像診断をしてもらい、遠隔診療で血栓溶解療法ができる病院を増やすことも検討している。

 脳卒中治療の実態を全国調査した国際医療福祉大の埴岡健一教授は「脳卒中は地域の医療・救急体制に治療が左右される。対策を急ぐ必要がある」と指摘する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事