文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

シニアニュース

ニュース・解説

病気多く抱えると介護費も高く…筑波大などのチーム、75歳以上のレセプト分析

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 慢性的な病気を多く抱える高齢者ほど、年間の医療費と介護費が高くなるとする研究結果を、筑波大などのチームが発表した。病気の種類が多くなると介護度も上がる傾向にあり、医療費だけでなく介護給付費も増えたとみている。

 千葉県柏市の75歳以上の高齢者のうち、2012年4月~13年9月に医療機関を1回は受診し、1年以上の追跡ができた約3万人が対象。このうち4分の1が要支援や要介護の状態で、医療、介護それぞれのレセプト(報酬明細書)を突き合わせて分析した。

 その結果、平均で年間の医療費は約72万円、介護費は約37万円。病気の症状などを踏まえ、腎臓病1ポイント、転移のないがんや認知症は2ポイント、重い肝臓病4ポイントなどと数値化した評価方法を用いると、病気の種類が増えて1ポイント上がるたびに、年間の医療費は約16万円、介護費は12万円増えた。

 研究を中心となって進めた同大准教授の森隆浩さん(老年医学)は「多くの病気にかかる高齢の患者を減らせれば、医療費だけでなく、介護にかかる費用も減らせる可能性がある」と指摘している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

シニアニュースの一覧を見る

最新記事