文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

メタボ受診率…宮崎県西米良村が首位79%超、最下位は北海道三笠市で8%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
メタボ受診率…宮崎県西米良村が首位79%超、最下位は北海道三笠市で8%

 厚生労働省は18日、メタボリック症候群の予防を目的に腹囲や血圧などを測る特定健診(メタボ健診)について、大企業や自治体ごとの受診率を初めて公表した。受診率向上への取り組みを促す狙いがある。

 公表したのは2017年度のメタボ健診と特定保健指導の受診率で、一覧は同省のホームページで確認できる。メタボ健診の全体の受診率は53・1%で、前年度比1・7ポイント上昇した。

 市町村が運営し、自営業者らが加入する国民健康保険(約1700組合)では、宮崎県西米良村が79・7%でトップ。最も低かったのは北海道三笠市の8・0%だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事