文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ウェルネスとーく

コラム

[女優 木村多江さん](上)演じている役の影響? 子どもが「このごろ怖い」とか「何だか優しい」とか……

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

「日本一薄幸な役が似合う女優」といわれながら、バリバリのキャリアウーマンから、無人島でサバイバルするたくましい女性まで、幅広い役柄をこなす木村多江さん。ドラマに映画、舞台と多忙な毎日の健康管理や家族との過ごし方、意外にも女優志望ではなかったという話など、お聞きしました。(聞き手・藤田勝、撮影・小倉和徳)

筋肉を落とさないように週2回はジム通い

――3月16日が誕生日。思うことはありますか。

 48歳になったからどうということはありませんが、これからも成長し続けることは忘れないでいたいなあと思います。

――健康面に不安ありませんか。

 特に悪いところはなく、これからは今の健康をいかに維持していくかが大事だと思います。筋肉は免役力にも関わるので、落とさないように、週2回はジムで筋トレをして体重と筋肉量をチェックしています。

年間300日は現場で出されるお弁当

――太りやすい体質だとか。

 はい。すごく食いしん坊なので、体重を増やさないように気をつけています。3年前に野菜ソムリエの資格を取って勉強しましたが、野菜は1日350グラム、70グラムの小鉢なら5個ぐらいを取るのが目安です。でも、年間300日ぐらいは、現場で出されたお弁当を食べているので、それにプラスして何を食べるか、いつも考えています。青汁やサラダ、おやつ代わりのミニトマト、たんぱく質を補うためのゆで卵やチキンなどを、こまめに食べて、足りない栄養を補うようにしています。

――仕事がある日は、家族の食事はどうしていますか。

 野菜中心に料理の作り置きもしていますが、朝すごく早かったり、帰れなかったりする日は夫が作ってくれます。私が今、どんな仕事をしているのか夫は知らないし、私も話していませんが、様子を見て「たぶん、今はこんな感じだろうな」と察知してくれます。

――ジム以外でも運動はしていますか。

 日本舞踊の稽古に週1回通っています。もう20年ぐらい続けています。子どものころはバレエを習っていて、ミュージカルに出ていたころにはジャズダンスを習っていました。最近アルゼンチンタンゴも始めました。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

wellnnesstalk1-200

ウェルネスとーく

 あの人が、いつも生き生きしているのはなぜだろう。

 健康、子育て、加齢、介護、生きがい…人生の様々なテーマに向き合っているのは、著名人も同じ。メディアでおなじみの人たちが、元気の秘密について語ります。

ウェルネスとーくの一覧を見る

最新記事