文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

日本透析医学会が「公立福生病院」医師らを調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 東京都福生(ふっさ)市の「公立福生病院」で、医師が示した選択肢から透析治療の中止を選んだ患者の女性(当時44歳)が死亡した問題で、日本透析医学会の調査委員会(委員長=土谷健・東京女子医大教授)は15日、同病院を訪れ、医師らへの調査を行った。

 患者が死亡した経緯などを詳しく調べ、透析中止の選択肢を示した状況や、透析の見合わせを決めた手順などが、同学会の提言に沿っていたかなどを検証する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事