文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

夫と腎臓とわたし~夫婦間腎移植を選んだ二人の物語

コラム

ホントに腎臓をもらっていいの? 本心を知ろうと夫に書かせた日記はまるで「デスノート」だった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 夫婦といえども、パートナーがなにを考えているのか、案外わからないものだ。本当は気が進まないのに、つい「いいよ」と口走ってしまったり。

 2018年、私は、夫婦間腎移植を受けた。夫が「僕の腎臓をあげる」と言ってくれたからだ。だが、夫の厚意に甘えてしまっていいものか、手術をするギリギリまで判断がつかなかった。夫はやさしい人だ。本当は拒否したいのに、責任感や温情で自己犠牲を払うつもりだとしたら……。

「完治」と「妊娠」 二つの未来に色めきたち

腎移植した翌日の夫です。激痛に耐え、弱音は一切吐きませんでした

 16年に末期腎不全になり、「あなたの腎臓は東京オリンピックまでもたない」と医師に宣告された私は、生きる気力を静かになくしていった。末期腎不全になれば、致死的な症状を起こすことになる。治療法は人工透析か腎移植のいずれかだが、正直、どちらも気が進まなかった。

 結果的に、腎移植を選んだ理由は二つあった。一つは、25年続いた闘病生活にピリオドを打てることだ。腎移植は、今のところ末期腎不全の唯一の根本的治療法とされている。

 もう一つは、母親になれる可能性が広がることだった。これには、大きな意味があった。腎移植後は、腎不全に伴って崩れていたホルモンバランスが改善し、妊娠・出産の希望をかなえやすくなるのだ。

 一度心を決めると、私は「健康」と「子供」という希望いっぱいの未来に色めきたった。

「大丈夫でしょ」 夫は軽く言ったが…

 そんな私に、「僕の腎臓をあげる」と言ってくれたのが夫だ。

 腎臓を提供する摘出手術の死亡率は限りなくゼロに近いし、二つある腎臓の一つを取っても、日常生活に支障はないとされている。

 「だから、大丈夫でしょ」

 と、軽い感じで夫は言った。

 それ以来、夫は度々有給休暇をとり、移植前のあらゆる検査をこなしていった。「平気なの?」と聞いても「問題ない」と答えた。「怖くないの?」と聞いても「なんとかなる」で済まされた。それは間違いなく非常にありがたいことだった。けれど、怖さもあった。夫の愛情を「搾取」している感覚があったからだ。そもそも、健康な人の臓器を切り取るなど、道理に反しているのではないだろうか……。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

jinzo-prof1-150

もろずみ・はるか

医療コラムニスト
 1980年、福岡県生まれ。広告制作会社を経て2010年に独立。ブックライターとしても活動し、編集協力した書籍に『成約率98%の秘訣』(かんき出版)、『バカ力』(ポプラ社)など。中学1年生の時に慢性腎臓病を発症。18年3月、夫の腎臓を移植する手術を受けた。

夫と腎臓とわたし~夫婦間腎移植を選んだ二人の物語の一覧を見る

5件 のコメント

コメントを書く

ドナー本人

いっこだけ

10年前に夫婦間移植しました。ドナーです。 2つあるんだから1つあげるよ!くらいに軽ーく勧めましたが、断固拒否する夫の説得に1年半かかりました。...

10年前に夫婦間移植しました。ドナーです。
2つあるんだから1つあげるよ!くらいに軽ーく勧めましたが、断固拒否する夫の説得に1年半かかりました。移植後のリスクがあまり知られていない現状があると思います。副作用による鬱や免疫力低下による感染など。でも夫婦が幸せならそれが1番です。

つづきを読む

違反報告

ホロリ

戻って欲しいmyLOVE

旦那様の愛溢れる日記の内容に、ホロリとしました。羨ましく、我が身をふりかえりました。私にも、そんな風に愛してくれる主人が居ましたが、癌で亡くなり...

旦那様の愛溢れる日記の内容に、ホロリとしました。羨ましく、我が身をふりかえりました。私にも、そんな風に愛してくれる主人が居ましたが、癌で亡くなりました。せっかく、愛してくれる旦那様の腎臓を移植していただいたのですから、仲良くお幸せに~☺️

つづきを読む

違反報告

ドナーの自由意志

質問者

夫婦間移植で、ドナーの自由意志はどのくらいあるのだろうか。愛があれば臓器提供、と期待されてしまう関係のなかでは、提供を申し出ないほうが難しくない...

夫婦間移植で、ドナーの自由意志はどのくらいあるのだろうか。愛があれば臓器提供、と期待されてしまう関係のなかでは、提供を申し出ないほうが難しくないだろうか。

夫婦愛あるいは共依存、どう呼ぶべきか分からないが、そのような関係性のなかで果たして医学的な理由で不可という以外に提供しないことは言いだしにくいのでは。その点が自分は怖いと思う。他人に見せない前提の日記にだって書けないこともあるのだ。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事