文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

原子力災害時の中核被曝医療、放射線医学総合研究所を指定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 原子力規制委員会は13日、放射線医学総合研究所(放医研、千葉市)を、原子力災害が起きた際に被曝(ひばく)医療の中核的な役割を果たす「基幹高度被ばく医療支援センター」に指定することを決めた。

 同センターは、昨年7月に改正された原子力災害対策指針に盛り込まれた。指定は4月1日付で、放医研が初めてとなる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事