文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

iPSで小児の脳腫瘍を再現、がん発生メカニズム解明に光…東大チーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 人のiPS細胞(人工多能性幹細胞)を使って小児の悪性脳腫瘍をマウスの脳内で再現し、がん細胞の増殖にかかわる遺伝子をつきとめたと、東京大などのチームが発表した。小児の悪性脳腫瘍は有効な治療法がなく、新たな治療法の開発につながる可能性があるという。論文が米科学誌に掲載された。

 同チームの山田泰広・東京大教授(腫瘍病理学)らは、小児の悪性脳腫瘍に特有の遺伝子の異常を人のiPS細胞で再現し、マウスの脳内に移植。同じような脳腫瘍を作ることに成功した。その際、iPS細胞が無限に増えたり、様々な細胞に変化したりする時に働く2遺伝子が、脳腫瘍の形成を促している可能性に着目。2遺伝子の働きを抑える薬を、患者から採取した脳腫瘍の細胞に加えたところ、増殖が大幅に抑えられたという。

  小児がんに詳しい九州国際重粒子線がん治療センターの中川原章センター長の話 「他の小児がんの発生メカニズムの解明にもつながる重要な成果だ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事