文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

新たな風疹患者、1週間で113人…麻疹は26人

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 国立感染症研究所は12日、3日までの1週間で、新たに113人の風疹患者が報告されたと発表した。1週間の報告数が100人を上回るのは2週連続で、今年に入ってからの累計は768人になった。

 都道府県別では、新規報告の最多は東京35人。神奈川21人、大阪15人、千葉11人と続いた。

 風疹は、くしゃみなどのしぶきで感染し、2~3週間後に発熱や発疹、リンパ節の腫れなどが出る。妊娠初期にかかると、おなかの中の赤ちゃんに難聴などの障害が起こる可能性が高い。

 麻疹(はしか)は同じ1週間で新規患者26人が報告された。累計では285人。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事