文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

虫歯治療後2歳死亡…異変にも元院長「問題ない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 福岡県春日市の歯科医院で2017年7月、女児(当時2歳)が虫歯の治療を受けた後に容体が急変して死亡する事故があり、県警は7日午後にも、当時の男性院長を業務上過失致死容疑で福岡地検に書類送検する方針を固めた。

 亡くなった女児は、同市の山口 叶愛のあ ちゃん。捜査関係者らによると、叶愛ちゃんは17年7月1日、歯茎に局所麻酔をかけられ、歯を削るなどの治療を受けた。治療後、叶愛ちゃんがぐったりした状態になったのに、元院長は適切な処置を怠り、2日後、死亡させた疑いが持たれている。死因は低酸素脳症だった。

 叶愛ちゃんの両親らによると、両親が治療直後に叶愛ちゃんの異変に気づき、「様子がおかしい」と医院側に訴えたが、元院長は脈を計測して「特に問題ない」と話したという。このため、両親が近くの病院に連れて行った。

 元院長の代理人弁護士は7日、読売新聞の取材に「専門家として求められる措置は取っており、対応は適切だった」と主張。両親はこれまでの取材に「なぜ治療を受けた後、命を落とさなければならなかったのか。真相を解明してほしい」と訴えていた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事