文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

リングドクター・富家孝の「死を想え」

コラム

75歳過ぎてがんと言われたら~「闘う」より「受け入れる」という生き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

高齢での手術は逆効果の危険も

75歳過ぎてがんと言われたら~「闘う」より「受け入れる」という生き方

 いまやがんは「不治の病」ではなくなりました。隔世の感があります。かつて医者は、がんを発見すると、告知をするかしないか、悩んだものです。しかし、いまやすぐに告知し、治療方法を告げます。

 多くの患者さんはそれを受け入れ、手術を受けますが、かえってがんを悪化させ、寿命を縮める場合があるから厄介です。それは多くの場合、高齢になってがんが発見された場合です。これまで私も治療法の相談を受けてきました。

 あるときから決めたことがあります。患者さんが後期高齢者となる75歳以上なら、なるべく手術を避けるということです。自分の周りで、75歳を過ぎて手術して、元気になった方がいないことに思い至ったからです。

 早期発見でがんは治るということが浸透していますから、手術を避けると言うと多くの方が戸惑います。もちろん、がんの部位、ステージによりますが、高齢者の場合、手術が逆効果というケースが多いのです。特に治りにくい難治性がんとされる「肝胆膵かんたんすいのがん」(肝臓がん、胆道がん、膵臓がん)の手術は避けるべきです。肺、胃、大腸などのがんでも避けたほうがいい場合が多いのです。

多くの医者は手術至上主義、がん=切除

 平均寿命が延びたのはいいことですが、それにより、昔なら60歳、70歳の人にしていた手術を、いまは75歳以上の後期高齢者にもしています。日本のがん治療は「手術至上主義」なので、多くの医者は「がん=切除」というアタマで、患者さんの年齢のことはあまり考えません。

 特に、若い医者は老人の体を知りません。そのため、手術を失敗することがままあります。私の知人も、食道がんの手術をしたのですが、術後に肺炎を起こし、気管切開手術を受け、それがうまくいかずに、あっという間に亡くなりました。75歳でした。

 手術前、担当の若い医者は、「初期なのでがんも小さいし、問題はありません」と言っていたと聞きました。しかし、いくら簡単な手術とはいえ、体を切開してその一部を切り取るのですから、その後の生活に影響を与えないわけがありません。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

fuke-takashi-prof200_v2

富家 孝(ふけ・たかし)
医師、ジャーナリスト。医師の紹介などを手がける「ラ・クイリマ」代表取締役。1947年、大阪府生まれ。東京慈恵会医大卒。新日本プロレス・リングドクター、医療コンサルタントを務める。著書は「『死に方』格差社会」など65冊以上。「医者に嫌われる医者」を自認し、患者目線で医療に関する問題をわかりやすく指摘し続けている。

リングドクター・富家孝の「死を想え」の一覧を見る

1件 のコメント

コメントを書く

癌治療は全か無か? IVR医はいないの?

寺田次郎 関西医大放射線科不名誉享受

学会では超高齢者の成功例の演題があります。 しかしながら、そのリスクはどこまで語られているか? 仮に成功の確率の方が大きい手技でも、高齢者の場合...

学会では超高齢者の成功例の演題があります。
しかしながら、そのリスクはどこまで語られているか?
仮に成功の確率の方が大きい手技でも、高齢者の場合は確実に残された時間を味わう選択肢もあり得ます。
そういう診断の幅による結果論や患者さんの理解や意欲の問題も含めて、西洋医療への不審が煽られている部分は大きいと思います。
要は医師間や医師患者間の情報伝達不足の問題です。

大きな手術の前には、心臓や肺などの機能評価もありますし、術前リハビリも最近は普及してきました。
逆に言えば、何もしていない高齢者の肉体の衰えは大きいと言うことですし、その事の意味を医師は知るべきです。
例えば、重症腹膜炎の典型所見である、筋性防御は筋力の衰えた高齢者では出現しないこともよくありますが、そういうことも知らなければ、間違った診断から間違った治療へと進んでしまうでしょう。
ガン放置療法問題が一時世間を賑わしましたが、診断や治療が丁寧になされなければ、放置の方が余命や健康寿命が長い事はあり得ます。
健康な人は抗癌剤を使いませんよね。

さて、がんに限りませんが、根治療法と放置の間には緩和医療があります。
疼痛緩和のイメージが強いですが、根治療法よりは軽いダメージの手技で病変のサイズを縮めたり、狭窄部位を開通させたりもあります。
そのうち主に放射線科で行われるものは、日本ではIVR、欧米ではIRといわれます。

全か無か、ではなく、間を取るような技術はすでにあり、進歩も進んでいます。
しかし、一般にはあまり知られず、従事医師も増えていません。
それは、縦割り行政による風通しの悪さのせいと、それに伴う制度や勤務環境不備の問題のせいです。

癌は病変ですが体の一部でもあります。
目に見えないサイズの癌が生まれては消えていることを思えば、全身バランスの中で手術や他の治療の意味もあることは自明ですが難しいですね。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事