文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

心臓の膨らみ、袋で抑制…難病「拡張型心筋症」治療法、今春にも臨床研究へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
心臓の膨らみ、袋で抑制…難病「拡張型心筋症」治療法、今春にも臨床研究へ

 心臓が膨らんで筋肉が薄くなり、ポンプ機能が低下する難病「拡張型心筋症」の患者に対し、心臓にメッシュ状の袋をかぶせて進行を抑える臨床研究を、名古屋大チームが今春にも始める。心臓移植に至る重症患者を減らせる新たな治療法として、3年以内の実用化を目指す。

 拡張型心筋症では主に投薬治療が行われるが、根本的な治療は心臓移植しかない。心臓の膨らみを袋で抑える手法は欧米でも試みられたが、心臓の一部を圧迫し、かえって心機能を悪化させたケースもあり、実用化には至っていない。

 チームは心臓の画像を基に、患者に適したサイズの袋を作る手法を開発。袋は外科手術の縫合用の糸をメッシュ状に編んだもので、一部に穴を開けて心臓を圧迫しない構造にした。ブタなどの実験で、心機能の改善効果を確認できたという。

 対象は20~75歳の患者3人で、手術後は半年間、安全性や心機能を調べる。その後、保険承認を目指す臨床試験(治験)に移る方針。

 チームの秋田利明・特任教授(心臓外科)は「手術は1時間以内で済み、感染症などのリスクも少ない。早期に実用化し、心臓移植でしか救命できない重症者を減らしたい」と話す。

 坂田泰史・大阪大教授(循環器内科)の話「心機能を維持する治療の選択肢になると期待できる。今後、どんな患者に有効かを見極めることが課題になる」

          ◇

【拡張型心筋症】  呼吸困難や不整脈などの症状が起きる難病。多くは原因不明で、補助人工心臓を装着し、心臓移植を待つ患者も多い。国の医療費助成を受ける患者は2016年度末現在、約2万8000人。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事