文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ウェルネスとーく

医療・健康・介護のコラム

【タレント 優木まおみさん】(下)アナウンサー目指して佐賀から東京へ 2年間仕事はなかったけど、続けることで道が開けた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

仕事がなかった「フリーアナ」時代

――放送局のアナウンサー採用試験に通らず、つらい時期も?

 別の仕事に切り替えて就活するか、卒業後はフリーアナになるか。今の事務所の社長に相談したら、「フリーでチャレンジしたらどうか」と勧められました。今さらアナウンサー以外の就活に取り組むのは大変……と、逃げの気持ちも少しあって(笑)、誘いに乗りました。

 でも何の経験もないままフリーアナウンサーを名乗ったので、2年ぐらい、全く仕事がありませんでした。それで、アナウンサーに限らず、いろいろなオーディションも受けましたが、ほとんど落ちて自信をなくしたこともありました。

 それでも仕事を続けていれば、成長できるものです。自分を知ってもらうきっかけになったグラビアのオファーが来たのも、3~4年の間、歌手活動をしていて路上などで歌っていたことで、何百人か集まってもらえるようになったからです。真剣にやったことは、つながってないようでつながっていて、今に生きていると思います。

目標を持ち、もっと必要とされるタレントになりたい

――これからどんな仕事を?

 目標が何もないと行き場を失ってしまいそうなので、ひとつの芯みたいなもの、極めたいものはある方がいいなと思っています。今はそれがピラティス。体が思い通りに動くようになり、インストラクターの養成コースで学び、これまでわからなかったことがわかるようになること。それが今の目標です。

 これまでの仕事の延長上でも、もっと必要とされるようになりたいです。「誰でもいいと思っていたけど、まおみちゃんに頼んでよかった」でももちろんありがたいのですが、「絶対にまおみちゃんに頼みたくて頼んだら、思ったよりもいいものができた」と思われるように。

――佐賀市プロモーション大使ですが、佐賀の魅力は?

 離れたことで気づいたことが多いですね。空気がきれい。人がやさしい。自然が豊か。牛も米も魚もおいしい。福岡が近くて便利。弟は佐賀にUターンしてマッサージのお店をやっていますが、とても豊かな生活をしているなと思います。子どもたちも「じーじ、ばーばに会いたい」と言うので、私も毎月のように帰っています。

ゆうき・まおみ ゆうき・まおみ
 1980年、佐賀県生まれ。東京学芸大学卒。路上ライブなどの歌手活動をきっかけにオファーを受けたグラビアで注目される。以来、「エロかしこい」をキャッチフレーズに、テレビ番組の司会やコメンテーター、モデル、CMなど幅広く活躍。2013年に結婚し、14年に長女、17年に次女を出産。NHK・Eテレの育児情報番組「すくすく子育て」のMCも務めている。佐賀市プロモーション大使。

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

wellnnesstalk1-200

ウェルネスとーく

 あの人が、いつも生き生きしているのはなぜだろう。

 健康、子育て、加齢、介護、生きがい…人生の様々なテーマに向き合っているのは、著名人も同じ。メディアでおなじみの人たちが、元気の秘密について語ります。

ウェルネスとーくの一覧を見る

最新記事