文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

石飛幸三の『人生の最期をどう迎えるか』

コラム

寿命でも生かそうとする医学 本人の意思尊重の流れ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

延命は無駄な出費? 金勘定すべきでない?

寿命でも生かそうとする医学 本人の意思尊重の流れ

 国民皆保険制度が敷かれ、生活保護法があり、日本人であれば、生きていくうえで必要な最低限の医療は保障されている我が国です。たとえ生物学的に寿命が来ている超高齢者でも、医学は生かし続けることに努めます。しかし、近年、「それはおかしい」と多くの人が言い出しました。

 「無駄な出費だ。国民の血税が浪費されている」との指摘がある一方、「人の命のことを、金勘定で取り沙汰すべきではない」との反論もあり、まさに議論百出です。いずれにしても、本人の意思が尊重されるべきだということになり、どう最期を迎えたいのか、事前に自分の意思を書き留めておくことや、家族や医師らと相談を繰り返して方針を決める「アドバンス・ケア・プランニング(ACP)」などが勧められています。

「終末期の方針は関係者みんなで議論を」……厚労省指針改定

  厚労省も昨年3月、11年ぶりに終末期医療の決定プロセスの指針を改訂しました 。従来は病院での活用を想定し、本人や家族の意思を基に医師などのチームが判断するとしていましたが、今回は家族や医師だけではなく、介護関係者など関わる人みんなで、しっかり議論しなさい、1回で済まなければ何回でもやりなさいと言ったのです。これは大きな進歩です。

 寿命であることが理屈ではわかっていても、親子の感情は複雑です。楽しかったお母さんとのあの旅行、もう一度行きたい……。バトンランナーのつながりは、誰にもそれを切り離すことはできません。思いにすがる娘と分別する娘、実は2人の娘が居るのです。それが人間なのです。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

20190308_ishitobi-200pro

石飛幸三(いしとび・こうぞう)
 1935年、広島県生まれ。慶応大学医学部卒。ドイツのフェルディナント・ザウアーブルッフ記念病院、東京都済生会中央病院で血管外科医として勤務。プロ野球投手の手術も多く手がけた。2005年12月より、世田谷区立特別養護老人ホーム・芦花ホーム常勤医。10年に「平穏死」を提唱し、反響を呼ぶ。著書に「『平穏死』のすすめ 口から食べられなくなったらどうしますか」(講談社)、「『平穏死』という選択」(幻冬舎ルネッサンス新書)、「『平穏死』を受け入れるレッスン」(誠文堂新光社)、「穏やかな死のために 終の住処 芦花ホーム物語」(さくら舎)など。

石飛幸三の『人生の最期をどう迎えるか』の一覧を見る

1件 のコメント

コメントを書く

共感します。

ケンボウ

地方で救急隊長をやっています。石飛先生のご高説にとても共感しました。日々、多くの高齢者の方と接する中で傷病者本人はもとより、その家族、関係者皆さ...

地方で救急隊長をやっています。石飛先生のご高説にとても共感しました。日々、多くの高齢者の方と接する中で傷病者本人はもとより、その家族、関係者皆さんが納得できる救急活動をしていきたいと思っていますが、制度や基準との板挟みになることもしばしばです。だけど、人生の最終章は本当に安らかに過ごし、時が来れば静かに見送る。そんな世の中になれば良いなと感じます。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事