文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ウェルネスとーく

コラム

【タレント スザンヌさん】(下)両親と同じマンションで安心 元気な長男に負けないよう「肉体改造しています」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

オンオフがはっきりした熊本の生活 「もう離れられない」

【タレント スザンヌさん】(下)両親と同じマンションで安心 元気な長男に負けないよう「肉体改造しています」

――戻ってきた熊本での生活はいかがですか。

 オンとオフがしっかり切り替わるのがいいですね。昨年、両親と同じマンションに引っ越しました。ずっと売りに出るのを待っていて買ったのですが、親の住まいの方が広かったので、交換してもらってリノベーションしました。ママ友や友人を招いてホームパーティーが開けるように、広い間取りにしました。

 両親が近くにいると何かあっても安心です。息子も、おじいちゃんやおばあちゃんが晩ご飯を食べにくると、かっこいいところを見せようと、しっかりご飯を食べます。祖母や妹の家も徒歩10分以内にあり、東京などで仕事があるときは、妹が自分の子どもと一緒に息子をみてくれます。こうなると、よほどのことがないと熊本から離れられないですね。

「笑顔とあいさつ」の大切さ 子どもにも伝えたい

――自分がママになって、お母さんに見習うことが多いですか?

 母からは「勉強しなさい」と言われたことはありませんが、笑顔とあいさつだけは忘れないように常々言われました。それができれば、どこでもかわいがってもらえるし、覚えてもらえるからと。それが仕事にもつながっていると思うので、同じことを子どもにも伝えて、いろいろな人と、初対面でもコミュニケーションがとれる人になってほしいです。

――熊本県宣伝部長でもありますが、熊本の良さは?

 粘り強くて、明るい県民性です。熊本地震では、芸能界の友人がたくさん炊き出しに来てくれましたが、元気をあげにきたのに、逆に元気をもらったと言っていました。人が来てくれたら、自分がつらい時でも何かしてあげたくなってしまうんです。

 くまモンとは、ずっと一緒に活動してきました。最初はよく知られていなかったのに、今では世界にも知られるようになって、子どもの活躍を喜ぶ親のような気持ちです。私はくまモンの親友なので、くまモン・ファンからも手紙が来ます。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

wellnnesstalk1-200

ウェルネスとーく

 あの人が、いつも生き生きしているのはなぜだろう。

 健康、子育て、加齢、介護、生きがい…人生の様々なテーマに向き合っているのは、著名人も同じ。メディアでおなじみの人たちが、元気の秘密について語ります。

ウェルネスとーくの一覧を見る

最新記事