文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

食べること 生きること~歯医者と地域と食支援

コラム

医師は口から食べるのを禁止、でも、大丈夫!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 ある病院で入院中に誤嚥ごえん性肺炎を発症した高齢の女性がいます。その方は病院で検査を受け、口から食べることはできないと判断されました。熱も下がり、退院時に主治医に言われました。

 「今後、一切口から食べてはいけません。一粒の米も口に入れてはいけません。肺炎を起こして死にますよ。ご家族の方も鬼になってください」

 退院後、訪問診療を行う在宅の主治医から僕に、食べる機能の再評価の依頼がありました。訪問をして拝見し、退院1か月後には普通食が食べられるようになりました。

病院の食べる機能検査に注意

 なぜ病院で食べられなかった方が食べられるようになったのか。二つのキーポイントがあったのです。もし、このことを皆さんが知っていれば、ご家族や知人の方が病院で「口から食べてはいけない」と言われた時、何かのヒントになるかもしれません。

 まず一つ目のポイント。病院の判断はどうだったのでしょうか。病院で行われる食べる機能の検査というのは、体調万全、飲み込む訓練をやった上で実施されることは少ないのです。本人の体調よりも検査日時のほうが優先されたり、訓練もせず、口から食べていない禁食中に突然、検査をしたりします。それではおのずと評価は低くなってしまいます。その後、体調が安定しても最初の評価のままになってしまうことも多いのです。

 また、病院の主治医も患者さんをいじめたかったわけではありません。もし、誤嚥をして肺炎にでもなったら死に至るかもしれない。食べることを許可したら自分のせいになってしまう。とにかくそれだけは避けなくては、と思ったに違いありません。医療者のリスク管理です。

「口から食べると死ぬ」、医師の言葉がトラウマに

 在宅で口から食べられるように支援をしていると、病院で「口から食べると死ぬ」というような辛らつな言葉を浴びせられた方が多くいます。医療者の言葉ですから重く受け止めるだけではなく、トラウマになってしまい、口から食べることに恐怖を感じている方もいます。本人、家族ともそうです。

 僕たちのところへ「何とか口から食べたい」とか「口から食べられるようになってほしい」と訴えてくる方はごく一部で、医療者から言われたことを忠実に守り、「もう口から食べられないんだぁ」と思って、何のアクションも起こさない方のほうが多いのかもしれません。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

20190205-tgoto-prof200

五島朋幸(ごとう・ともゆき)

歯科医師、ふれあい歯科ごとう代表(東京都新宿区)。日本歯科大学附属病院口腔リハビリテーション科臨床准教授。新宿食支援研究会代表。ラジオ番組「ドクターごとうの熱血訪問クリニック」、「ドクターごとうの食べるlabo~たべらぼ~」パーソナリティーを務める。 著書は、「訪問歯科ドクターごとう1 歯医者が家にやって来る!?」(大隅書店)、「口腔ケア○と×」(中央法規出版)、「愛は自転車に乗って 歯医者とスルメと情熱と」(大隅書店)など

食べること 生きること~歯医者と地域と食支援の一覧を見る

2件 のコメント

コメントを書く

末期の水

ユキー

最期を迎える人に水を与える事を「末期の水」という。 (自覚があったのかは不明だが。) 当人が希望しているのに、拒否し、脅してまで飲ませない。 患...

最期を迎える人に水を与える事を「末期の水」という。
(自覚があったのかは不明だが。)
当人が希望しているのに、拒否し、脅してまで飲ませない。
患者の事より、自分がいかに死亡者を出していないかを考える医者の行動。
当時は神様にでもなった気の人が多かったんだな。
遺族にとっては心残りだったと思う。
同じ最期なら、飲んで満足して旅立って貰いたかったよね。

つづきを読む

違反報告

昔、入院中に

すなめり

若い頃、交通事故で入院をした。頭蓋骨を骨折していたので、そこそこ重症だった。 一緒の部屋に、あとから入院してきたお老婦人が、何日目かの深夜に容態...

若い頃、交通事故で入院をした。頭蓋骨を骨折していたので、そこそこ重症だった。
一緒の部屋に、あとから入院してきたお老婦人が、何日目かの深夜に容態が急変した。
婦人はしきりにΓのどが乾いたよ、お水が飲みたいよ」と付き添いの家族に訴えている。家族がそれを看護婦さんに伝えると、看護婦さんは医師に相談をしたらしい。
お医者サマが来て、家族に言った。
Γいま飲み物を与えると、誤咽を起こす可能性があります。また、水を飲んで安心感が生まれると、気持ちが緩んでこと切れることもあります。辛いでしょうが、我慢をしてもらって下さい。」
だが婦人は朝を迎えずに亡くなった。Γお水を飲ませておくれよ」と懇願しながら。

彼女の最期に水を飲ませてあげられなかった家族は、そのあとどうして日々を過ごしたんだろうかと、いまでも思う。

もう、35年も前の出来事ですが。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事