文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

40代から備えよう「老後のお金」

コラム

人生最後の「お金の貯め時」を逃さない「エア老後」のすすめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 厚生労働省が発表した2019年度の厚生年金支給額は、22万1,504円(標準的な夫婦の場合)でした。4年ぶりのプラス改定です。そんな明るい!?ニュースを受けて、今回は40代のうちから老後の暮らしをイメージする「エア老後」についてお話ししましょう。

人生最後の「お金の貯め時」を逃さない「エア老後」のすすめ

お金の貯め時は、人生で2回ある

 突然ですが、お金に「 () め時」があるのは、ご存知ですか? それは、「子どもが10歳になるまで」と「子どもが社会人になってから定年まで」の2回です。お子さんがいる40代なら、「10歳まで」というフレーズに、ズシリと重みを感じるのではないでしょうか?

 では、貯め時の第2の波、「子どもが社会人になってから定年まで」を、無駄に過ごさないためには、どうしたら良いのでしょう? キーワードは、教育費です。

 下の図のように、教育費は人生の三大資金のひとつ。「子どもが10歳まで」と「子どもが社会人になってから定年まで」は教育費負担が軽い(もしくは「ない」)時期なので、お金が貯まりやすいのです。

人生最後の「お金の貯め時」を逃さない「エア老後」のすすめ

楢戸ひかる「お金のリビング」資料

 私は、子どもが10歳を過ぎたら、教育費は別枠で考えることを提案しています。教育費とは、子どもがいることでかかるお金の全てです。すぐに思い浮かぶのは、学費や塾代、習い事代あたりですが、これ以外にも、細かなお金がかかります。

 たとえば、衣類代や靴代。部活に必要なグッズ代や遠征費。塾代以外にも模試費用や参考書代といった教材費、ママ友との交際費もバカになりません。私は、家計管理上、こういったお金は「教育費クッション口座」として、家計費とは別枠で一覧表(下)にしています。

人生最後の「お金の貯め時」を逃さない「エア老後」のすすめ

教育費を別枠にすると「老後」が見えてくる

 家計は、下の図のように「インフラ」「コスト」「クッション」の「三つの柱」にわけて考えると、お金の流れを把握しやすくなります。「インフラ」は家計簿で管理しなくとも、年間の一覧表を作れば大丈夫。家計簿で管理するのは、日々の生活支出である「コスト」と、それ以外の特別支出に相当するのが「クッション」です。私は、教育費を、このクッションの一部と考え、それを賄う資金については、「クッション口座」を設けて管理しています。

人生最後の「お金の貯め時」を逃さない「エア老後」のすすめ

楢戸ひかる「お金のリビング」資料

 こうして教育費を家計から「摘出」することで、見えてくることがあります。それは、教育費以外の生活費がどれくらいかかっているかです。これが、子どもが独立した後の「老後の生活費の目安」となります。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

narato-hikaru-200re

楢戸ひかる(ならと・ひかる)

マネーライター、ファイナンシャル・プランナー

 1969年生まれ。大手商社に8年間勤務後、フリーライターに。妊娠を機にファイナンシャル・プランナー資格(現FP技能士)を取得。約20年にわたり、女性向けのマネー記事を執筆してきた。
 ホームページ「主婦er」の運営や、ワークショップ「『小さな暮らし』を始めるための3カ月家計簿」も手がける。家族は、夫と息子3人(高校生と中学生)。

40代から備えよう「老後のお金」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事