文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

本田秀夫「子どものココロ」

医療・健康・介護のコラム

「マイペースで融通が利かない」「耳より『目から』の情報を優先」…自閉スペクトラム症の子に共通する特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 Dくん(男児)は、1歳半健診のときに、まだ言葉が1~2個しか出ていませんでした。2歳頃から徐々に言葉は増えたのですが、独り言が多く、他人から話しかけられてもあまり返事をしません。たまに返事をするときは、相手の言葉を「オウム返し」することがしばしばあります。2歳後半頃からは、やりたいことが思うようにいかない時や、やりたくないことをさせられそうになった時などに、激しく泣いて騒ぐようになりました。3歳から、発達に気になるところのある子どもたちが通う児童発達支援センターに通い始めましたが、他の子どもたちと一緒に遊ぶことはあまりありません。ミニカーを何台も縦に並べる、手をパンパンたたきながら室内をぐるぐると走り回るなど、同じことを繰り返し続けることが目立ちます。

 Eくん(男児)は、1歳過ぎから言葉が出て、とてもおしゃべりになりました。電車が大好きで、3歳後半には子ども向けの電車の本に書かれている特急の名前を全部覚えてしまいました。保育園では、興味のある活動にはとても積極的に参加しますが、興味のない活動になるとスッとその場を離れて、一人で電車のオモチャで遊んでいます。唐突に人に話しかけるのですが、自分の興味ある話題が中心で、それ以外のことを相手が話してもあまり応じません。小学校に入る頃には、電車の名前は「E353系」などの車両番号で呼ぶようになりました。何でも一番にやらないと気がすまず、他の子を押しのけて前に並ぼうとして、叱られると泣いてしまいます。

 Fさん(女児)は、発達の遅れはありませんでしたが、人形遊びやママゴトが好きではなく、男の子たちと遊ぶ方が好きでした。小学校低学年までは、街で知らない人を見て、その人に聞こえるところで「あの人、太ってるね」などとズバッと発言するため、親が慌ててしまうことがときどきありました。小学校高学年からは、アニメやユーチューバーの動画に熱中するようになりました。中学に入ると、他の女子生徒たちはグループで行動するようになりましたが、Fさんはどこのグループに行っても何となく仲間に入れてもらえず、一人で行動することが多くなり、やがて学校に行くのがつらくなってきて、中学1年生の夏休み明けから学校を休みがちになりました。

イラスト:高橋まや

一見、違うタイプ…でも共通することが

  この3人の子どもは、一見、全く違うタイプのように思われます。でも、よく見ると、共通する特徴があります。それは、対人関係がうまくいかないことと、興味があることか、ないことかによって、意欲に著しい違いがあることです。「マイペースで融通が利かない」と言い換えてもよいでしょう。このような特徴が共通して見られ、そのために様々な形で生活に支障をきたすのが「自閉スペクトラム症」です。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

honda150-prof

本田秀夫(ほんだ・ひでお)

 1964年、大阪府豊中市生まれ。精神科医。信州大医学部子どものこころの発達医学教室教授。同学部付属病院子どものこころ診療部長。日本自閉症協会理事。著書に「自閉症スペクトラム」など。

本田秀夫「子どものココロ」の一覧を見る

2件 のコメント

コメントを書く

医療や科学は一部の人のためのものなのか?

寺田次郎 六甲学院放射線科不名誉享受

また、親や社会の過度な願望への過剰適応の影響もあります。 だから、自覚なく一番になろうとしたり、否定されたら(自分が一番になれる)自分の世界に引...

また、親や社会の過度な願望への過剰適応の影響もあります。
だから、自覚なく一番になろうとしたり、否定されたら(自分が一番になれる)自分の世界に引きこもってしまったり、正負に極端なわけです。
実は短期的な勝負に勝っても、変な癖がついて長期的に不幸になる場合もあり、親や周囲の教育も大事です。
大勝ちする者や勝ち続ける方が珍しいのはスポーツの世界を見ればわかります。

政治家や医者、弁護士、研究者なども、能力だけでなく人格の偏りが大きいと言われますが、生育背景やその後の閉鎖社会の出世や協力の構造の影響が積み重なっていくことは無視できず、誰が加害者なのかを探すより、改善可能な子供や若者が救われる状況を作る方が望ましいです。

それは回り回って、より多くの人に影響を与えます。
出世欲にかられた人や、そのしがらみに逆らえなかった人が、何を起こしたか、この数年のニュースによく出ています。

つづきを読む

違反報告

普通と違う優先順位や思考回路の社会的意義

寺田次郎 関西医大放射線科不名誉享受

世の中の親や教師の一部は我儘ですね。 優秀であってほしいと言いながら、普通でない事には不寛容です。 (偏差値という言葉が示すように能力の偏りでし...

世の中の親や教師の一部は我儘ですね。
優秀であってほしいと言いながら、普通でない事には不寛容です。
(偏差値という言葉が示すように能力の偏りでしかないですが。)

自分の好きな、あるいは社会的に有用と思われる領域の優秀さには敏感ですが、そう思わない領域の子供の成長を喜ぶことができない人も多いです。
官僚制度の文化もあるでしょう。

この文章によれば、僕も自閉症スペクトラムに該当するのでしょうが、角度を変えれば、普通の人の方が考え方が不自由にも思います。
よく目を凝らせば見える沢山の医療情報は、普通や常識的であるか否かよりも、時に患者さんのためになります。

サッカーの同じような場面でも3次元、4次元の繋がりをイメージできると、普通の選手ができないボールの止め方や蹴り方ができると、回答が全然変わります。

画像診断なんかも、普通の人に見えないものも見つけて意味づけし、患者の健康や願望に寄与するので、普通の人と違う答えもありえます。

音声情報にしても、「どういう音声の意味や価値を優先するか?」と言い換えれば、普通の指示などを無視するという発想も間違いではありません。
一方で、それが普通の人の多い社会で一般的か否か、子供の頃から生きやすいかどうかは難しい所です。
個人の中の偏りすぎた優先順位になんらかの正義を与えるのは誰かという問題もあります。

言い換えれば、天才という生き物たちが、社会の中で潰されずに生きていくシステムを組んでいく方法が必要と言うことです。
そして、生存本能やプライドも含めて、未熟さを徐々に変えていくための方策=「天才との付き合い方」を社会で考えていく必要があります。
それは何故かと言えば、通常労働はどんどん機械に置き換えられていく中で、普通に思いつかない技術を思いつくことが国家としても大事になるからです。
働き方だけでなく遊び方の改革も大事ですね。

つづきを読む

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事