文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

知りたい!

ニュース・解説

子どもの白血病…治療進歩 完治も可能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
子どもの白血病…治療進歩 完治も可能

 競泳女子の池江 璃花子りかこ 選手(18)が白血病であることを公表した。白血病は血液のがんで、子どものがんの約4割を占める。「不治の病」というイメージもあった病気だが、治療の進歩で完治も見込めるようになりつつある。

  「急性」が大半

 白血病は、骨髄でがん化した血液細胞(白血病細胞)が増殖し、正常な血液細胞が作れなくなる病気だ。週~月単位で症状が進む「急性」と、年単位でゆっくり進行する「慢性」があり、さらに細胞のタイプで「リンパ性」と「骨髄性」に分かれる。

 国立がん研究センターによると、0~15歳未満の場合、急性リンパ性(約70%)と急性骨髄性(約25%)が大半を占め、慢性はごくわずか。別のデータでは15~29歳も、急性リンパ性(約40%)と急性骨髄性(約30%)で約7割を占める。

 急性リンパ性は2~5歳の発症が多く、年約500人の子どもが患者になる。急性骨髄性も幼児を中心に年約180人とされる。

 白血病細胞が異常に増えると、外敵から身を守る白血球、酸素を運ぶ赤血球、出血を止める血小板など、正常な血液細胞が作れなくなる。発熱や貧血、出血のほか、体がだるく感じるなどの症状が出る。

 診断するには、まず血液検査で白血球や赤血球などの増減を調べる。ここで異常が見つかれば、腰の骨に針を刺し、骨髄液を取る骨髄検査で病気のタイプをみる。痛いので子どもには全身麻酔をかけて行う。

  基本は化学療法

 急性白血病の場合、複数の抗がん剤を組み合わせて投与する化学療法が基本となる。慢性白血病は、がんを狙い撃つ「グリベック」などの分子標的薬を使った治療が有効とされる。

 抗がん剤の組み合わせなどは、長年の研究により、効果の高い方法が見つかっている。子どもの急性リンパ性白血病の5年生存率は8~9割とされる。

 治療で効果が十分でなかったり、再発したりした時は、造血幹細胞移植を検討する。血液細胞の元となる造血幹細胞を健康なドナー(提供者)の骨髄などから採取し、患者に点滴で注射する治療法だ。

 ドナーは、患者と白血球の型(HLA)が一致することが基本だが、HLAが半分だけ一致したドナーから安全に移植する方法も開発されつつある。

 最近、患者の体から取り出した免疫細胞(T細胞)の遺伝子を改変し、がんへの攻撃力を高めた上で体に戻す「 CAR―Tカーティー 療法」が注目されている。治療が難しい一部の白血病で効果が期待でき、すでに米国では行われている。日本でも承認に向けた手続きが進む。

 治療期間は、標準的な化学療法の場合、急性リンパ性は外来治療を含めて2年~2年半、急性骨髄性は半年~1年ほどかかる。

 大阪母子医療センター血液・腫瘍科主任部長の井上雅美さんは「子どもの顔色が悪かったり、発熱が長引いたりする時は、医療機関を受診して血液検査を受けてほしい」と呼びかける。

 その上で「適切な治療を受ければ、子どもの白血病の多くは治せる時代になってきている。主治医の説明を聞いて、病気についてよく理解し、落ち着いて治療に臨んでほしい」と話している。

 (辻田秀樹)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

知りたい!の一覧を見る

最新記事