文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ごぼう先生のイス健康体操2.0

コラム

妻撮影の体操DVD 届ける相手を想像できる「温かい商品」に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

介護の「ご」予防の「ぼう」で、ごぼう先生と申します。前回コラムにて、自己紹介をしていますので、興味を持ちましたら是非ご覧下さい。

DVDを販売していなかったら…

妻撮影の体操DVD 届ける相手を想像できる「温かい商品」に

 趣味の1つにコンビニの新作商品のチェックがあります。毎週変化する商品棚の変化を楽しんでいます。飲食物、雑誌の表紙、看板に映し出されている芸能人やキャラクターなど、世の中の経済を探るには、コンビニは適した場所だと思っています。

 この私もシニアの体操のお兄さんとして、2025年ごろを目標に、赤色か青色か緑色の作務衣に着替えて、チキンを片手に看板に出たいなとコラムを通じて懇願させていただきます。

 さて、今回のテーマは、現場を温める商品づくりです。

 税金でしょ!と言われれば当然なのですが、儲かるとガツガツに調整される社会保障を担う、医療や介護の現場は、特に財布の紐が硬いといわれています。大変有り難いことに、弊社の体操DVD=写真=は19年2月時点で25000枚以上販売しております。

 本屋やCDショップ、TSUTAYA様を覗いて見ても、商品は取り扱っていません。全て、Amazonや楽天、ヤフーショッピング、一部の流通業者様等で販売しています。

 発売を開始して約4年。ほぼ手売りで25000枚と聞けば、凄いと評価をいただけるかもしれませんが、大手企業様からしてみたら、大した数字ではありません。

 医療や介護をビジネスにするな! という先輩方の声も時々聞こえますが、地域を実際に支えている事業(会社)を存続させるためには、お金を無視しては語れません。

 私は28歳で地域密着型デイサービスをスタートしましたが、DVDを販売していなかったら1千万円を超える借金を背負うことになっていたと思います。今日、ここまで表情筋を動かせない苦しい状況だったと思います。

 世界に類を見ない、特殊なビジネスの世界では、名だたる大手企業ですら、苦戦をしている状況です。どんなお仕事も一緒なのですが、存続する事に日々危機感を感じながら、自己満足が難しい環境でサービスを提供している状態は、新しいチャレンジの実行は至難の業です。忙しい現場で、チャレンジができない。だからこそ、個人にチャンスがあります。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

20190213-yanase-prof200

ごぼう先生=本名・簗瀬寛
 1985年7月23日、愛知県岡崎市生まれ。趣味はボクシング、読書、情報発信(SNS)など。 日本福祉大学卒業。大手鍼灸しんきゅう接骨院勤務を経て、2014年に株式会社GOBOUを設立。デイサービス「リハビリカフェ倶楽部」を岡崎市に開設する一方、全国各地の介護施設を中心に「大人のための体操のお兄さん」=ごぼう先生として健康体操の普及に努める。体操DVDを発売しているほか、テレビ出演など多数。

ごぼう先生のイス健康体操2.0の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事