文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

はしか 大阪で急増、全国最多見通しの81人に…10~30代が8割

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
はしか 大阪で急増、全国最多見通しの81人に…10~30代が8割
id=20190222-027-OYTEI50002,rev=2,headline=false,link=true,float=right,lineFeed=true

 大阪府で感染拡大が続く麻疹(はしか)について、府は21日、今年の患者数が81人(17日現在)になったと発表した。前週まで全都道府県で最も多かった三重県は49人のまま増えておらず、府の患者数が全国最多となる見通し。患者は10~30歳代が8割を占め、この年齢層への対策が急務になっている。

 発表によると、11~17日に患者が急増。従業員や客計23人(府外の人も含む)が感染した百貨店「あべのハルカス近鉄本店」(大阪市)、院内で10人の患者が出た「大阪府済生会茨木病院」(茨木市)の集団感染などが、累積患者数を前週より30人以上も押し上げた。

 患者のうち最も多い年齢層は30歳代で25人、次いで10歳代の21人、20歳代19人。国のワクチン政策が変遷する中で、20~30歳代を中心に2回接種を徹底できていない人が多く、接種歴なしや不明も目立った。一方、過去の流行で感染し、免疫を持っている人が多い50歳代以上は1人にとどまった。

 感染症に詳しい「りんくう総合医療センター」(大阪府泉佐野市)の やまと 正也医師は、「免疫が不十分な世代が、ウイルスに狙い撃ちされた形だ」と分析。こうした人たちが感染源となってウイルスを拡散させた恐れがある。

 

「ワクチン2回徹底を」

 

 予防にはワクチンの2回接種が有効だ。それでも感染することはあるが、症状は比較的軽く済み、周囲の人への感染力もぐっと弱まる。実際、府の分析でも、2回接種後に感染した患者が他人へうつした事例は確認されていないという。

 倭医師は「免疫のない集団に感染者が1人いれば、15人前後にうつるほど感染力が強いとされるが、2回接種した人の間で感染が起きても大規模な流行にはならない。だからこそ2回接種の徹底を」と強調する。

 20日に開かれた感染症を検討する府の専門家会合では、ハルカスの集団感染事例や、国内外の移動が増える春休みに向けた対策の強化について話し合われた。

 委員長の本村 和嗣かずし ・府感染症情報センター長は「発症までに最長3週間かかることを踏まえると、まだ今後も患者が増える恐れがある。終息は春頃になるだろう」と分析する。

 倭医師は「世界各地で流行しており、国内でも集団感染がいつどこで起きてもおかしくない。初期症状は風邪に似ており、見落とす恐れもある。医師ははしかを念頭に置き、診察してほしい」と呼びかける。

 

ハルカスの感染者、東南アジアで主流の型検出

 

 ハルカスの集団感染は、2月10日に従業員2人の感染が確認されて発覚したが、感染した客の大半は1月25~27日に来店しており、大阪市の担当者は「1月下旬にウイルスが持ち込まれた可能性が高い」と話す。

 はしかのウイルスは、アフリカ、アジア、欧州など、地域ごとに流行する型が異なる。市によると、ハルカスの複数の感染者から東南アジアなどで主流の「D8型」が検出されたという。

 日本で過去に流行したのは別の型で、2010年以降は検出されておらず、世界保健機関(WHO)が15年3月、「日本は排除状態にある」と認定した。近年の国内症例は、いずれも海外からの持ち込みとされる。今後、海外の型のウイルスが国内に定着すると、認定が取り消される恐れもある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事