文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

Dr .ヒラの「知って安心 市販薬の話」

医療・健康・介護のコラム

インフルと花粉症が重なり、咳止めと鼻炎薬を併用したら胸がドキドキ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

市販薬によく使われる 自律神経に影響を及ぼす成分

 自律神経と、市販の咳止めや鼻炎用内服薬によく使われている成分について、少し詳しく見てみましょう。

 自律神経は体中に張り巡らされています。その働きは、心臓や血管、気管、気管支、胃腸、 膀胱(ぼうこう) 、子宮、皮膚、鼻、目など全身に関連し、脈拍数や血圧、鼻水や唾液の出る量、眼圧、尿量、排尿、排便などに影響します。

 その自律神経には、交感神経と副交感神経の2種類があります。交感神経が刺激されると心身が興奮した状態(何かに立ち向かうような活動的な状態で、感性を高め、筋力を高める、いわば攻撃モード)になります。一方、副交感神経が刺激されると心身が休息状態(ゆったりとした状態で、その間、食べ物から栄養を取り込み、不要な 排泄(はいせつ) 物を体の外に出すなど、いわば守備モード)になります。おおむね逆方向に働く二つの神経が、普段はうまくバランスを保ちながら、体調を整えているというわけです。

 そして、市販薬には「交感神経を刺激する成分」と「副交感神経を抑制する成分」が、よく使われています。

インフルと花粉症が重なり、咳止めと鼻炎薬を併用したら胸がドキドキ

交感神経刺激で鼻づまり軽く 副作用は動悸や血圧上昇、手指のふるえ……

 「交感神経を刺激する成分」は、攻撃モードを刺激するわけですが、鼻づまりを軽くすることや、気管支を広げるために、医薬品として使われています。用法・用量を守れば、それほど心配はいりませんが、多く飲み過ぎたりしたら、鼻以外の部分に悪い影響を与え、副作用による症状が出てしまいます。例えば、動悸や血圧の上昇、手指のふるえや頭痛、発汗、のどの渇き、興奮やイライラ感、不安感などです。

副交感神経抑制で鼻水減らす 副作用は目のかすみ、口の渇き、胃もたれ……

 「副交感神経を抑制する成分」は、守備モードを抑制するわけですが、鼻水を減らすことや、腹痛の薬として使われています。副作用としては、目のかすみ、口の渇き、胃もたれや便秘などの症状が出ることがあります。心臓の拍動も速くなる方向に作用します。

市販薬の服用判断は難しい 薬剤師や登録販売者に相談を

 多くの成分が配合された合剤の市販薬の場合は、表で示したように、すべての成分の知識が必要となり、服用の判断はとても難しいです。市販薬を安全に使うために、「購入時に薬剤師や登録販売者に相談すること」と「服用前に添付文書をよく読むこと」を習慣にしていただくことを強くおすすめします。(医師 平 憲二)

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

dr.hira-prof150

平 憲二(ひら けんじ)
 1966年、宮崎県生まれ。総合内科専門医。株式会社プラメドプラス代表取締役。91年、宮崎医科大学(現・宮崎大学医学部)卒。2001年、京都大学大学院医学研究科博士課程内科系専攻修了(臨床疫学)。03年、京都大学病院総合診療科助手。05年に株式会社プラメド、13年に同プラメドプラス設立。著書に「クスリ早見帖ブック 市販薬354」(南山堂)、「クスリ早見帖副読本 医師が教える市販薬の選び方」(PHP研究所)、「クスリ早見帖ポッケ かぜ・解熱鎮痛・咳止め・鼻炎の市販薬」(大垣書店)。

Dr .ヒラの「知って安心 市販薬の話」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、読売新聞オンライン、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事