文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

知りたい!

ニュース・解説

堀ちえみさんが闘病を公表した舌がん 口内炎と見分けるには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
堀ちえみさんが闘病を公表した舌がん 口内炎と見分けるには?

堀ちえみさん

 タレントの堀ちえみさん(52)が19日、ステージ4の舌がんと診断されたことを自身のブログで公表した。

 舌がんは、唇や歯肉、上あご、頬の粘膜など、口内などにできる 口腔(こうくう) がんの一種で、全体の半数以上を占める。従来、口腔がんは男性に圧倒的に多かったが、近年、女性の比率も増えている。喫煙や飲酒、合っていない義歯や虫歯による慢性的な刺激などが発症リスクを高めるといわれている。

 舌がんは舌の横の部分にできやすく、口内炎と間違われやすいが、柴原孝彦・東京歯科大学主任教授(口腔顎顔面外科学)によると、両者には大きな違いがある。暴飲暴食などでできた口内炎なら1週間から10日ほどで治るが、舌がんの場合は治らない。また、通常の口内炎のような痛みを感じないことも、舌がんの特徴だ。

 堀ちえみさんの場合、昨夏から口内炎を疑っており、柴原教授は「もっと早く、専門の歯科医師・医師に相談することが必要だった」と話す。ただ、首のリンパ節への転移は致命的とはいえず、舌の半分を切除する手術についても「まだ年齢も若いので、リハビリによって、会話・ 嚥下(えんげ) 能力も元と同じくらいに回復するのではないか」と言う。

 柴原教授は、口腔がんの早期発見のために、3か月おきぐらいに口の中全体をしっかり診てくれるかかりつけの歯科医を持つことを勧めている。

 (藤田勝 ヨミドクター副編集リーダー)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

知りたい!の一覧を見る

最新記事