文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

心療内科医・梅谷薫の「病んでるオトナの読む薬」

コラム

パニック症と診断された56歳部長 突然、「ハゲ!」「クズ!」「マザコン!」となじり始めた妻の「真意」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ある日突然、妻がキレて

 次の面談では、だいぶ活気が戻っていた。仕事では、問題の案件がようやく収束し、プロジェクトも解散した。お母さんの病状は心配だが、治療も一段落。お見舞いも、時々で十分になったとのこと。

 「先生、一番大変だったのは、実は妻でした」

 I雄さんは、大きく息を吐いて話し始めた。

 もともと、彼は真面目一方の仕事人間。結婚当初から、そのことは妻も知っていた。いや、そんな彼だからこそ結婚したのだった。しかし、子どもがいない、二人だけの生活。それなのに、彼は仕事のことで頭がいっぱい。もともと母親とは仲がよくて、マザコン状態だったが、母親の病気でさらにお互いベッタリの状態になってしまった。妻としては、当然不満がたまる一方だ。

 ある日、I雄さんが仕事から遅く帰り、母親との長電話が終わったところで、ついに、妻がキレた。

 「このハゲおやじ! 何、やってんだよっ! そんなに、ママが恋しくてたまらないのっ?」

 普段はおとなしい妻の怒声に、I雄さんは、 呆然(ぼうぜん) とした。妻は怒りにまかせて、「ハゲ!」、「クズ!」、「マザコン!」、「デブ!」と繰り返す。

 さすがの彼も、ひそかに気にしていた容姿や、母親とのことを侮辱されて怒りが爆発。

 「俺をバカにするなっ! ハゲ、ハゲって言うな!」

 と大声でどなり、テーブルを強い力でたたいた。

 妻は一瞬、黙りこくった。

 さすがに、言い過ぎたと思ったようだった。

どなり合い後、妻は歌いだし…

 「で、家内はどうしたと思います?」

 と、I雄さんは、そこで私に尋ねてきた。

 「どうですかねえ…」

 と私は考え込んだ。

 彼の奥さんは突然、歌い始めたのだった。

 「♪~これもハゲ、あれもハゲ、たぶんハゲ、きっとハゲ…」

 古い歌だが、さすがにI雄さんも知っていた。松坂慶子さんが歌ってヒットした『愛の水中花』だ。

 奥さんは即興で替え歌を作って歌った。しかも、一番をフルコーラスで歌いきったのだ。

 「♪~だって悲しいものよ 毛がないなんて…」

 I雄さんは一瞬、完全にかたまってしまったが、そのうち肩の力が抜けて、急に笑いがこみ上げた。彼は奥さんに向かってこう言わずにいられなかった。

 「もう一回、歌って!」

 奥さんは思い出しながらもう一度、歌ってくれた。そして、二人でゲラゲラ笑った。二人で腹を抱えて笑い合うなんて何年ぶりだろう? I雄さんは、そう思わずにはいられなかった。

 奥さんは話したという。

 「あなたは、ちっとも私のことを見てくれなかった。私を心配させまいとするのはわかるけど、仕事の悩みも打ち明けてくれない。お母さんの病状も教えてくれない。みんな、自分だけで抱え込もうとしている。私がどれほどさびしかったか、あなたにわかる? 『私とお母さん、どっちが大事?』って尋ねても、あなたは答えをはぐらかすばかり。無視されるより、怒られた方がよっぽどまし。そう思って、さんざん怒らせてみた。あなたが本気で怒ってくれて、ああ、ようやくこっちを向いてくれたって思ったの」

 そして、こう続けたという。

 「でも、怒って真っ赤になったあなたの顔を見てたら、この前、友だちとカラオケで歌った曲を思い出したのよ。ハゲ、ハゲって言って悪かったわ。ストレスから来てるんじゃないかって、ずっと思ってた。でも、あなたのことが本当に心配。どうか、自分だけで悩まないでちょうだい。私たちは、二人だけの『夫婦』なんだからね…」

 I雄さんは、そのことを話しながら、少し言葉をつまらせた。

 「最近、週末は家内とよくカラオケに行くんです。懐かしい曲をいっぱい歌うと、スッキリする。松崎しげるさんが歌っている『ハゲのメモリー』って曲知ってます? 『愛のメモリー』の替え歌なんですが、二人で歌っては、笑い転げています。仲直りの記念にと、思い出深い曲になりました」

 そう語る彼の表情は、ずいぶん明るかった。

 「あ、それからAGAの専門クリニックに行きました。ちょっとだけど、毛が増えてきたんですよ!」

 I雄さんは、少し照れたようにほほ笑んだ。(梅谷薫 心療内科医)

 *本文中の事例は、プライバシーに配慮して改変しています。

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

20181127-yomusuri-prof200

梅谷 薫(うめたに・かおる)
 内科・心療内科医
 1954年生まれ。東京大学医学部卒。90年から同大学で精神科・心療内科研修。都内の病院の診療部長、院長などを経て、現在は都内のクリニックに勤務。「やまいになる言葉~『原因不明病時代』を生き抜く」(講談社)、「小説で読む生老病死」(医学書院)など著書多数。テレビ出演も多い。

心療内科医・梅谷薫の「病んでるオトナの読む薬」の一覧を見る

7件 のコメント

コメントを書く

結局

色々な記事を読んできたけど、思うのは、 日本って本当に住みにくい国だね、って事。

色々な記事を読んできたけど、思うのは、

日本って本当に住みにくい国だね、って事。

違反報告

はげたらスキンヘッドにしてもいい

たろう

AGAになったら、もとに戻すのも一つの選択肢ですが、カミソリで全て髪の毛を剃ったほうがすっきりしていいですよ。 メンタル面で開き直れるし、頭にか...

AGAになったら、もとに戻すのも一つの選択肢ですが、カミソリで全て髪の毛を剃ったほうがすっきりしていいですよ。

メンタル面で開き直れるし、頭にかかるコストも一気に減るのでスッキリ。
最近はスキンヘッドも増えているから、そのうち慣れてきます。

つづきを読む

違反報告

ハゲでも大丈夫!

私もハゲてます。

世の中には、二種類のハゲがいる。明るいハゲと暗いハゲだ。どうせハゲるなら、俺は明るいハゲでいたい。

世の中には、二種類のハゲがいる。明るいハゲと暗いハゲだ。どうせハゲるなら、俺は明るいハゲでいたい。

違反報告

すべてのコメントを読む

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事