文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

「教えて!ドクター」の健康子育て塾

コラム

「子どもが誤飲した!」 吐かせる、吐かせない…正しいのはどっち?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 はじめまして。私は小児救急を中心に、「子どもの病気とホームケア」の啓発活動に関心を持っている小児科医です。このコラムでは、お父さんやお母さんをはじめ、子どもを取り巻く周りの皆さんにとって、大切だけれど、正確には知られていないかもしれない情報を、できるだけ分かりやすくお伝えしたいと思っています。

「人の集まる時」に起こりやすい

 さて、年末年始は過ぎましたが、そうした「人の集まる時」に起こりやすい子どもの事故と言えば、「誤飲」です。

 赤ちゃんは、生後5か月を過ぎると、手にしたものは何でも口に入れていくため、誤飲の事故が増えます。特に、2歳までの男の子に多いとされています。

 気をつけなくてはいけない誤飲事故ですが、最近、誤飲への対応について、救急現場の常識と一般家庭の常識に違う部分がいくつかある、と気づきました。一般家庭の誤飲の対処方法を、もう一度見直してみたほうがいいのではないか……。今回のテーマに誤飲を選んだのは、そんな理由からです。では、救急現場と一般家庭で、何が違うのでしょうか?

イラスト:江村康子

イラスト:江村康子

大きく分けて気道異物、消化管異物、薬物誤飲

 まず、「異物誤飲」について説明しましょう。異物誤飲には、大きく分けて気道異物(窒息など)と消化管異物、そして薬物誤飲(いわゆる中毒)とがあります。

 口から入った異物が気道に入ると、気道異物です。多くは食べ物で、つるっとしたモノや丸いモノ、たとえばピーナツや枝豆、ブドウやミニトマトなどです。3歳以下の男児に多いとされています。

 一方、食道に入るものには、消化管異物と薬物誤飲があります。消化管異物で最も多いのはコインです。ボタン電池や磁石なども最近増えています。薬物誤飲の第1位はタバコ、次いで家族が使っている薬です。近頃は、トイレ洗浄剤や洗濯用ボール型洗剤などを飲み込むケースも見られます。お菓子やゼリーと間違えてしまいそうな、カラフルな色と形をしていることも一因だろうと思います。

気道異物 無理に取り出そうとしない

 気道異物と消化管異物、薬物誤飲では対処の方法が異なります。

 まず、気道異物についてです。食事しているときや目を離していた間に急に苦しがり出し、声が出せない場合、可能性が高いのは気道異物、つまり、窒息です。当然、一刻を争う緊急事態。すぐに人を呼び、119番通報をする必要があります。それとともに、乳児の場合は、背中を手のひらでたたく「背部叩打こうだ」を数回ずつ繰り返します。もう少し大きなお子さんであれば、後ろから両手を回しておなかを圧迫する「腹部突き上げ方」というやり方もあります。それらを行っても取り除くことが困難で、意識の状態が悪いようなら、直ちに心肺蘇生を始めなくてはいけません。

 超緊急事態に気が動転し、異物を無理に取り出そうと頑張ってしまうと、窒息状態をさらに悪化させてしまいます。例えば、餅を詰まらせたときに掃除機を口の中に入れて吸い出そうとするケースなどは、効果がないばかりか、背部叩打などの有効な処置を妨げてしまうため、お勧めできません。

1 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

20190204-msakamoto-prof200

坂本昌彦(さかもと・まさひこ)
 佐久総合病院佐久医療センター・小児科医長
 2004年名古屋大学医学部卒。愛知県や福島県で勤務した後、12年、タイ・マヒドン大学で熱帯医学研修。13年、ネパールの病院で小児科医として勤務。14年より現職。専門は小児救急、国際保健(渡航医学)。日本小児科学会、日本小児救急医学会、日本国際保健医療学会、日本国際小児保健学会に所属。日本小児科学会では小児救急委員、健やか親子21委員。小児科学会専門医、熱帯医学ディプロマ。現在は、保護者の啓発と救急外来の負担軽減を目的とした「教えて!ドクター」プロジェクトの責任者を務めている(同プロジェクトは18年度、キッズデザイン協議会会長賞、グッドデザイン賞を受賞)。

「教えて!ドクター」の健康子育て塾の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事