文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

インフル患者、前週の6割に減少したが…12県で引き続き警報レベル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 厚生労働省は15日、直近1週間(2月4~10日)で全国約5000医療機関から報告されたインフルエンザの患者は、1施設あたり26・28人だったと発表した。前週の43・24人の約6割に減った。

 都道府県別では埼玉38・56人が最多で、沖縄35・50人、新潟35・44人など12県で引き続き警報レベル(30人)を上回った。東京は25・25人だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事