文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

あべのハルカス麻疹…新たに客6人、従業員1人の感染判明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 大阪市阿倍野区のあべのハルカス近鉄本店で従業員が麻疹(はしか)に感染していた問題で、市保健所は14日、新たに客6人と従業員1人の感染が判明したと発表した。客への感染がわかったのは初めて。従業員の感染は計10人で、客と合わせた感染者は計16人となった。

 発表によると、従業員10人(10~40歳代)のうち8人は、9階で1月から開催していたバレンタインフェア会場で販売を担当。客の男女6人(10~30歳代)は1月26~27日に会場を訪れていたといい、市は会場を中心に感染が拡大したとみている。客は2月6~10日に発症していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事