文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

インフルエンザの免疫、腸内細菌が作る…東大・医科研チームが発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 腸内細菌が体内で作る物質がインフルエンザウイルスに対する免疫反応を向上させる可能性があると、東京大医科学研究所の一戸猛志准教授らのチームが発表した。論文が米科学アカデミー紀要に掲載された。

 腸内細菌は食物繊維を消化して人間などの重要な栄養源「 短鎖たんさ 脂肪酸」を作っている。チームは、インフルエンザウイルスへの免疫反応が低下したマウスに、酢酸と酪酸、プロピオン酸の3種類の短鎖脂肪酸を投与した。その結果、インフルエンザウイルスを排除する免疫反応が回復したという。

 国立感染症研究所の長谷川秀樹・感染病理部長の話「腸内細菌が感染症の予防に重要な働きを担っている可能性を示す成果だ。人間の体内でも同じことが起こるかどうか、確認する必要がある」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事