文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

40代から備えよう「老後のお金」

コラム

時代は「長期入院」から「通院治療」へ 新しい「がん保険」の選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ハンデがあっても現役で お金の悩みは…

 「今後、働きながら、がんと闘病する人は急増します」と、中川先生は言います。では、がんとともに社会生活を送る人たちは、お金の面で何に悩んでいるのでしょうか?

 がんサバイバーでファイナンシャル・プランナーの黒田尚子さんは、がん患者さんの「がんとお金」の悩みは、大きく分けて三つあると教えてくれました。下の表をご覧ください。

がんとお金の三つの問題

 黒田さんのお話の中で、私が一番心に残ったのは、病気によって様々な経済的な困難や制約を抱えた方の多くが、「『いくら稼げばキャッシュフローは回りますか?』という質問をされます」という部分です。それに対し、黒田さんは、「まずは病気になった後の家計を見直し、収入の減少に対応できるよう、家計のスリム化を考えるのが先決」と、アドバイスするそうです。

 この視点は、老後まで続くライフプランを考える上でも参考になります。「自分の人生を生きるために最低限のお金さえ、稼ければよい」と考えられるようになると、グッと気持ちが楽になります。いたずらに「稼ぐこと」にとらわれたり、他人と比較したりするのではなく、「自分が生きること」にフォーカスできるようになるからです。

 人生100年時代、何らかのハンデを持ちながら「現役」として生きていく人は、今後、増えていくことでしょう。がん患者さんの生き方から学ばせていただくことは、多いのかもしれません。(楢戸ひかる マネーライター)

イラスト:西島秀慎

2 / 2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

narato-hikaru-200re

楢戸ひかる(ならと・ひかる)

マネーライター、ファイナンシャル・プランナー

 1969年生まれ。大手商社に8年間勤務後、フリーライターに。妊娠を機にファイナンシャル・プランナー資格(現FP技能士)を取得。約20年にわたり、女性向けのマネー記事を執筆してきた。
 ホームページ「主婦er」の運営や、ワークショップ「『小さな暮らし』を始めるための3カ月家計簿」も手がける。家族は、夫と息子3人(大学生と中学生)。

40代から備えよう「老後のお金」の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

最新記事