文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

図書館の力(2)がん情報の小冊子贈る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
図書館の力(2)がん情報の小冊子贈る

八巻さん(中央)から、ギフトの現状を聞く岡田さん(左)(東京都中央区の国立がん研究センターで)

 「情報は力なり、です。だから病院よりぐっと身近な図書館にこそ最新の確かな情報をそろえてほしい」

 そんな思いから、愛知県豊田市の岡田隆さん(61)は、国立がん研究センターの「がん情報ギフトプロジェクト」に寄付をした。

 この事業は2017年に始まった。一般の寄付を元手に、治療情報をまとめた「がんの冊子」やチラシを公共図書館に贈る。寄付は1000円から受け付け、寄贈先の都道府県を指定できる。3万円集まるごとに、対象地域の1館に1セット(小冊子400部とチラシ500部)が届く。

 岡田さんは、がん情報を求めて渡米した経験がある。02年2月、大腸がんが肺に転移し、治療している合間のこと。闘病中に英語の勉強を始め、米国の医療事情がテーマの教材に出会い、腫瘍内科やターミナルケアなど耳慣れない言葉に触れたのがきっかけになった。

この記事は有料会員対象です。

記事の全部をご覧いただくには、読売IDを取得の上、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。有料登録をしていただくことで、この記事のほかヨミドクター全ての有料コンテンツをご利用いただけます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事