文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

医療大全

医療大全

図書館の力(1)健康情報 専門コーナーに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
図書館の力(1)健康情報 専門コーナーに

コーナーの書架を整理する井上さん。「無痛分娩(ぶんべん)」や「マインドフルネス」など関心の高いテーマの本も意識してそろえる(蒲田駅前図書館で)

 最寄り駅から徒歩5分、いつもにぎわう東京都大田区立蒲田駅前図書館。その一角に「医療・介護情報コーナー」がある。健康法から病気の解説本、闘病記まで4000冊がそろう。

 「読みたい本が探しやすいし、売れ筋の本ばかり並べる本屋と違って信頼できる」。常連の一人、同区の自営業男性Aさん(49)は、愛用の理由を話す。

 探しやすさの秘密は、図書館の一般的な分類ルールを抜け出したことにある。ルール通りだと、医療関連の本といっても、闘病記は文学、発達障害は教育、働く人の健康づくりは労働と、配置場所が分散してしまう。それを1か所にまとめた。

 蔵書の内容は、担当司書の井上彩さん(32)が吟味する。医療者の助言や研修での情報を踏まえ、科学的な根拠があるものを選ぶ。治療法や診断基準は進歩するので、出版後2、3年を目安に更新する。

 疑問点があれば、井上さんが助けてくれる。持病の睡眠時無呼吸症候群に関する本を読んだAさん。「抱き枕を使って横向きに寝ると呼吸がラク」「妊婦の寝姿を参考に」。そんな記述を見つけ、声をかけた。

 「理想的な抱き枕について調べたい。妊婦の寝姿ってどんなものですかね」

この記事は有料会員対象です。

記事の全部をご覧いただくには、読売IDを取得の上、ヨミドクターの有料(プラス)登録が必要です。有料登録をしていただくことで、この記事のほかヨミドクター全ての有料コンテンツをご利用いただけます。

有料登録は月額200円(税抜き)です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

医療大全の一覧を見る

最新記事