文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

病気腎移植、先進医療に…厚労省が官報告示

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 腎がん患者から摘出した腎臓のがんを取り除き、別の腎不全患者に移植する病気腎移植について、厚生労働省は、入院費など一部に保険がきく先進医療として実施することを1月31日付で官報に告示した。

 東京西徳洲会病院が申請し、昨年7月に条件付きで承認された。提供者(ドナー)に不利益がないよう注意を払い、移植を受ける患者の公平性なども保つよう、外部の専門家が協議する検討委員会の体制を整えることが条件だった。

 同病院などで今後4年間で42例の移植を実施し、移植後5年間の生存率やがん発生の有無などを調べる。5例目までは1例ごとに同省に報告する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事