文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

ニュース

ニュース・解説

誤作動恐れの米ペースメーカー、対象製品が増加…使用患者が失神する事例も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 医療機器会社「日本メドトロニック」(東京都港区)が米国の製造元から輸入販売した心臓ペースメーカーの不具合問題で、東京都は4日、誤作動を起こす恐れのある機器が新たに778台増え、計1936台になったと発表した。

 プログラムの修正や機器の交換が必要で、同社は、納入先の医療機関計820施設を通じて患者に連絡している。

 発表によると、1月18日の問題発表時の同社側のリストに漏れがあり、「Adapta DR」「Adapta VDD」「Versa DR」(2017年7月~19年1月出荷分)の3機種計775台で、新たに問題があることが発覚。別機種の「Sensia DR」(同)の3台についても対応が必要と判明した。

 問題の機器を巡っては国内で1月中旬、機器の使用患者が失神する事例が1件報告されたという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

ニュースの一覧を見る

最新記事