文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

伊藤清世の「あれ?コレ 介護食 plus」

健康・ダイエット

しっとり鶏そぼろ丼

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

 こんにちは。在宅訪問管理栄養士の伊藤清世です。

 「鶏そぼろ」といえば、ひき肉を甘じょっぱい味付けで、水分がなくなるまでパラパラになるようにいため煮したものです。ただ、この「パラパラ」という食感は刻み食と同様口の中でまとまりにくく、かむ、のみ込む力が低下した方には食べにくいものです。このように、ひき肉は塊肉やスライス肉よりも食べやすいと思われていますが、調理方法によっては食べにくさの原因になることもあります。

 このレシピでは、そのまま加熱すると食べにくいひき肉に小麦粉を加え、つなぎとすることで、食べた時に口の中でまとまりやすくなります。

 小麦粉は片栗粉と異なり、加熱によってすぐにとろみは付きませんが、冷めてもとろみが消えにくい性質があります。さらに、お肉の粒をコーティングする役割もあり、しっとりと仕上がります。

 今回は、先週ご紹介したとろとろの炒り卵を利用し、2色丼に仕上げました。とろりとした卵と組み合わせることで、さらにまとまりが増し、食べやすくなります。

 このように食べやすい食事を考える時には単品だけでなく、まとまりやすさを助ける食材と一緒に盛り合わせることもバリエーションを増やすポイントです。

[作り方]

(1) 鶏ひき肉と小麦粉を鍋に入れ、火にかけずに箸でよく混ぜる。

(2) ひき肉と小麦粉がよく混ざったら、(A)の調味料をすべて入れ、さらによく混ぜる。

(3) (2)の鍋を中火にかけ、焦げないように混ぜ続ける。

(4) ひき肉に火が通り、とろみがついたら出来上がり。

(5) 丼によそったご飯の上に、炒り卵とともに盛り付けて出来上がり。彩りに青ノリなどを散らす。

 ※かむ力、のみ込む力には個人差があります。食べる機能を確認しましょう。

 (レシピ作成 在宅訪問管理栄養士 伊藤清世)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

itou-140-200

伊藤清世(いとう きよ)

在宅訪問管理栄養士・介護食アドバイザー
委託給食会社で病院・高齢者施設・保育所等の調理業務、総合病院の管理栄養士を経て、現在は仙台市の「ないとうクリニック複合サービスセンター」で在宅訪問管理栄養士として活動中。また、地域での講演活動を通じ、かむ、のみ込む力が低下した方にも喜ばれる、食べやすくおいしい食事作りを提案している。

伊藤清世の「あれ?コレ 介護食 plus」の一覧を見る

最新記事