文字サイズ:
  • 標準
  • 拡大

エッセイスト 安藤和津さん

一病息災

[エッセイスト 安藤和津さん]介護うつ(1)「母が壊れた」胸に迫る不安

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック
[エッセイスト 安藤和津さん]介護うつ(1)「母が壊れた」胸に迫る不安

 母は60歳代後半になると怒りを爆発させることが多くなった。瓶のふたが開かないと床にたたきつけ、何かを盗まれたと騒ぐ。出版記念会の最中に「何で私のパーティーはないの」と大声でどなる……。

 「なんて嫌な人。早く死ね」と心の中で毒づいていた。今なら認知症を疑ったかもしれない。1990年代当時は認知症ではなく、 痴呆ちほう 症やボケ老人の呼称が一般的だった。「ボケってご飯を食べたことを忘れるとか、かわいいイメージでしょ。凶暴さとは結びつきませんでした」。自分への敵対心むき出しの態度にただただ憎しみを募らせた。

 母は裕福な商家に生まれたが、父親が知人の借金の肩代わりで没落。女学校を中退して花柳界へ。後に法務大臣になった犬養健と道ならぬ恋に落ち、出産。女手ひとつで料亭を切り盛りし、一人娘(和津さん)を育てあげた。引退後、家族と母は都心のマンションの別の階で暮らし、自分が仕事で出かけている時には、2人の娘の弁当作りなど、よく面倒をみてくれていた。

 母の異常さは、娘も直撃した。次女のさくらさんが中学1年の時、「おばあちゃまが作ったもの、食べられない」と泣き出した。トンカツの肉は生、腐った え物、雑巾を絞った手で握ったおにぎり……。

 母が壊れた。性格の問題ではなく、何かが起こっている。大きな不安が胸に迫り、娘を抱きしめながら涙があふれた。

  エッセイスト 安藤 和津(かづ) さん(70)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック

sokusai_117

 
 

一病息災の一覧を見る

コメントを書く

※コメントは承認制で、リアルタイムでは掲載されません。

※個人情報は書き込まないでください。

必須(20字以内)
必須(20字以内)
必須 (800字以内)

編集方針について

投稿いただいたコメントは、編集スタッフが拝読したうえで掲載させていただきます。リアルタイムでは掲載されません。 掲載したコメントは読売新聞紙面をはじめ、読売新聞社が発行及び、許諾した印刷物、ヨミウリ・オンライン(YOL)、携帯電話サービスなどに複製・転載する場合があります。

コメントのタイトル・本文は編集スタッフの判断で修正したり、全部、または一部を非掲載とさせていただく場合もあります。

次のようなコメントは非掲載、または削除とさせていただきます。

  • ブログとの関係が認められない場合
  • 特定の個人、組織を誹謗中傷し、名誉を傷つける内容を含む場合
  • 第三者の著作権などを侵害する内容を含む場合
  • 企業や商品の宣伝、販売促進を主な目的とする場合
  • 選挙運動またはこれらに類似する内容を含む場合
  • 特定の団体を宣伝することを主な目的とする場合
  • 事実に反した情報を公開している場合
  • 公序良俗、法令に反した内容の情報を含む場合
  • 個人情報を書き込んだ場合(たとえ匿名であっても関係者が見れば内容を特定できるような、個人情報=氏名・住所・電話番号・職業・メールアドレスなど=を含みます)
  • メールアドレス、他のサイトへリンクがある場合
  • その他、編集スタッフが不適切と判断した場合

編集方針に同意する方のみ投稿ができます。

以上、あらかじめ、ご了承ください。

エッセイスト 安藤和津さん

最新記事